« 「介護護支援専門員として知っておきたい生活保護の基礎知識」 | トップページ | 自分にできること »

保護費計算の事例

先日の研修で使った事例です。あくまでも架空の事例です。
資産は考慮していません。また研修のときは冬季加算も考慮していません。
就労収入に伴う必要経費の厳密な扱い方についても説明はしていません。
あくまで基本的な理解のために簡便化した事例とご理解ください。
実際の研修では「生活保護基準額表」もお配りして、参加したみなさんに生活保護担当のケースワーカーになっていただき、計算をしてもらいます。

うちの地元は生活保護で言う「3級地の1」という地域になります。
(23区などの都会は「1級地の1」で、「3級地の2」までの6段階です。数字が大きくなるほど安くなります。物価に対応しているということになっています。)

答えを先に書いてしまうと、どの事例も生活保護が必要な状態です。

事例3は(へ)のところがマイナスになり(3級地の1の場合約2000円)、生活扶助と住宅扶助だけで最低生活費を考えると収入充当額が最低生活費を上回り、「生活保護にならないのかな?」と思われるように作ってあります。

しかし一ヶ月のこのご家族の介護サービスの医療の自己負担額を、その金額ではまかなえませんよね。
この場合、いわゆる保護費は支給されないけれど医療扶助と介護扶助が現物給付される生活保護、というのもあります。というのを理解していただくために作ってある事例です。


別紙 Ⅴ 生活保護が必要かどうか、計算してみよう。

事例1 75歳、一人暮らしのAさん。無年金。その他の収入なし。
民間の賃貸アパート(家賃2万円)に居住。

最低生活費の計算
     生活扶助
       1類(ア)            円
       2類(イ)            円
 (ア+イ)小計(ウ)            円
    住宅扶助(エ)            円
(ウ+エ)最低生活費=(オ)       円+(医療扶助+介護扶助)

収入充当額の計算
   収入充当額=(カ)          円
  
☆最低生活費(オ)-収入充当額(カ)=(キ)            円が毎月の支給額になります。


事例2 高齢夫婦二人暮し世帯のBさん、Cさん。年金あり。
世帯主Bさん。男性。66歳。年金収入70,000円(2ヶ月で)
妻Cさん。女性。67歳。年金収入50,000円(2ヶ月で)
市営住宅(家賃4,000円)に居住。年金以外の収入はない。

最低生活費の計算
生活扶助
       1類(ク)            円(Bさんの分)
         (ケ)            円(Cさんの分)
       2類(コ)            円(二人分)
(ク+ケ+コ)小計(サ)            円
住宅扶助(シ)            円
(サ+シ)最低生活費=(ス)          円+(医療扶助+介護扶助)

  収入充当額の計算
   Bさんの収入=(セ)           円  
   Cさんの収入=(ソ)           円
世帯の収入充当額=(タ)         円
   (年金・手当・仕送りについては月額に換算して収入充当額とします。)
 
  ☆最低生活費-収入充当額=(チ)      円が毎月の支給額になります。


事例3 応用編

世帯主 Dさん 70歳 女性 要介護2 通院中 介護保険サービス利用中。年金収入あり(100,000円 2ヶ月で)

長男 Eさん 40歳 男性 精神保健福祉手帳3級 通院中 パートタイマーとして就労中。手取り収入12万円
(総支給額13万円 必要経費1万円) 家賃5万円の民間アパートに居住。

最低生活費の計算
生活扶助
     1類(ツ)        円(Dさん)
       (テ)        円(Eさん)
     2類(ト)        円(2人分)
     小計(ナ)        円 
   住宅扶助(ニ)        円
  
最低生活費=(ヌ)       円+(医療扶助+介護扶助)

 収入充当額の計算
Dさんの分(ネ)       円  
 
※Eさんの就労収入は、手取り収入額がそのまま収入充当額となるのではなく、「総支給額」-「基礎控除額」-「必要経費」=「収入充当額」となります。
(ノ)    円-25,230円-(ハ)    円=(ヒ)     円

  収入充当額=(ネ)+(ヒ)=(フ)        円  

最低生活費-収入充当額=(へ)          円


|

« 「介護護支援専門員として知っておきたい生活保護の基礎知識」 | トップページ | 自分にできること »

ソーシャルワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18112/50780850

この記事へのトラックバック一覧です: 保護費計算の事例:

« 「介護護支援専門員として知っておきたい生活保護の基礎知識」 | トップページ | 自分にできること »