« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »

やまなみグリーネ管弦楽団 第25回定期演奏会

http://homepage3.nifty.com/yamanami-g/index.html

【日時】2010年6月20日(日)午後1時半開場 2時開演
【場所】やまなみホール(京都府相楽郡南山城村)
【曲目】
・ドヴォルザーク/交響曲第九番「新世界より」
・モーツァルト/ピアノ協奏曲
 (独奏:堺国際ピアノコンクール国内最上位者)
・J.シュトラウス/「こうもり」序曲
【指揮】河野 正孝
【入場料】1000円

中プロのピアノ協奏曲のソリストが決まるのが6月13日。
今本選に残ってるソリストが弾く予定の曲が
KV.413(F-Dur)11番
KV.414(A-Dur)12番
KV.415(C-Dur)13番
KV.449(Es-Dur)14番
どれになるかは13日にならないと分かりません。ソリスト合わせは前日と当日のみ。

ちなみに私のポジションは
前プロ 2番
中プロ ?
メイン 4番
です。

チケットは早めにいっていただければ数枚は何とかなります。
よろしければぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校の同級生の演奏を聴く

こちらは久しぶりの更新。ミクシイの日記と同内容ですが御容赦を。

金曜日の夜、名古屋に高校の同級生の演奏を聴きに行って来ました。
(一人は中学、高校、大学の同級生だけどね)
クラリネットの菅生さんと、ピアノの今野さんが同級生。

http://clanago.com/img/concert/100521_0.jpg

ピアノの今野さんの演奏を聴くのは、ひょっとしたら高校生のとき以来だったかもしれないのだけど、良い意味でパワフル、迫力があって、聴き手を引き込む演奏で圧倒されました。
その上アンサンブルも上手。バイオリンもクラリネットも、このピアノならものすごく演奏しやすいだろうなあなどと思いつつ聞いてました。

高校生のときのクラス対抗の合唱コンクール、僕は3年間指揮者をやったのだけど、1年生と3年生のとき、今野さんにピアノを弾いてもらったのは、とってもいい思い出。
こんなすごい人に弾いてもらってたんだ、と思うとあらためてなんだかうれしくなってしまった。

演奏会終了後は出演者たちと飲み会。
飲み会スタートが遅かったので、久しぶりに夜明け直前まで飲んでしまいました。
さすがに午前中はちょっと頭痛が残ったけど、二日酔いもそれほどひどくなく。
やっぱりお酒は楽しく飲まないとね。

もっと楽器練習しやなあかん、と思わせてくれるいい演奏会でした。
そして生の演奏を定期的にきかなあかん、とあらためて思ったのでした。

高校の同級生は、プロアマ含めて、音楽でがんばっている人が多くて、みんなの活躍にはとても及ばないけど、自分の励みになります。

少し話は飛ぶのだけど、自分が音楽をすることの意味とは、とか、自分が今の仕事を(これは本業のこと)することの意味とは、とか、考えることは一見無駄なようだけど、それはそれで考え続けることが大事なのかなと、この日記を書きながら考えました。

同級生共演の演奏会、できたらいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »