« ホルンフェスティバルin大阪 | トップページ | 演奏会出演履歴(5)2006(H18)年度~2008(H20)年度 »

おすすめの池田清彦さんの本

手始めにこのあたりから。

リンク先は全てamazonのページなのです。念のため。

やぶにらみ科学論 (ちくま新書)

引き続き科学論として。
科学はどこまでいくのか (ちくま文庫)

読みやすいエッセーは、
だましだまし人生を生きよう (新潮文庫)
とか
正しく生きるとはどういうことか (新潮文庫)
やがて消えゆく我が身なら (角川ソフィア文庫)


あとは固めですがおすすめなのは、
分類という思想 (新潮選書)
構造主義科学論の冒険 (講談社学術文庫)

まだまだたくさんありますが、お気に召したらみなさん読んでみてください。

|

« ホルンフェスティバルin大阪 | トップページ | 演奏会出演履歴(5)2006(H18)年度~2008(H20)年度 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18112/47009760

この記事へのトラックバック一覧です: おすすめの池田清彦さんの本:

« ホルンフェスティバルin大阪 | トップページ | 演奏会出演履歴(5)2006(H18)年度~2008(H20)年度 »