« 明日本番 | トップページ | 松茸狩り »

演奏会を終えて

 月曜日に伊賀オケの第3回定期演奏会が無事に終わりました。感想などをまとめて。演奏面については主に管打楽器のことを書いてます。弦楽器のことはよく分からないので。

 当たり前のことですが、自分の演奏する楽譜が楽曲全体の中でどういう位置を占めて、どういう役割があって、どういう意味があるのか。オーケストラの奏者として演奏に加わる以上、「常に」そのことを考え続ける必要があります。というかオーケストラの奏者として演奏するという行為は、そういう行為です。
 今回の演奏会では考えている奏者と考えていない奏者の差がはっきりと聴き取れました。これはオケにとっての成長でしょう。前回まではあまりに演奏が混沌としていて、きちんと考えて演奏している奏者の演奏が聴き取れない状況だったのです。
 きちんと考えて(=最低限のことをクリアして)演奏している奏者の割合が増えてきたので、できていない奏者がはっきりと分かって聴こえるようになってきた、ということです。

 楽曲全体を考え感じているかどうかは、演奏の技術が上手か下手かということとも確かに相関します。しかし、たとえ音をミスったとしても、発音のタイミングがアンサンブルできていたほうが、よい演奏だと私は思います。
 たとえどんなに美しい音であっても、音楽の流れをまったく無視したタイミングで発音されたら、その一撃で楽曲はぶち壊しです。
 もちろん、そういう一撃は今回も多々発せられたわけです。

 いつもの話になりますが、管打楽器奏者は実際に音を出す部分より、音を出してない時間にどれだけアンテナを働かすことが必要不可欠であり、演奏する部分についてはそのフレーズはどこからやってきてどこへ行くのかを分析することが、音を出す以前に必要な行為でしょう。

 ステージマナーについて。
 「立ったり座ったり」は今回もみっともないことになってしまいました
。確かに経験をつめばだんだんわかるだろう、ということなのです。しかし今回の演奏会に来ていただいたお客さんにとっては、これが最後の伊賀オケ体験になるかも知れず、演奏以外の点でも「何じゃこの団体はみっともない」と思われるのは悔しいところです。
 そして演奏会終了後、今回も指揮者に拍手を浴びていただくのに失敗しました。次回こそは。
 これまでメンバーにステージマナーは身についているというのが前提のオケにばかり在籍していたので、口うるさくそういうことをいうのはいやなのですが、このままでは教育的活動をしなくては、と思います。
 コンマスにあわせるという基本を実行するためには、コンマスがきちんとさっそうと立ち居振舞うということが基本なので。

 演奏会運営について
 指揮者の直前の交代など、どたばたの割にはスムーズに行きました。事前の決め事は最低限にして、現場で臨機応変に動けるのが数人いればあとは上手く行きます。たくさんの係をこまごまと決めたほうがよいという意見もあるにはあるのですが(そしてその意義も分かるのですが)、自覚と対応能力のない係をたくさんつくっても、スムーズにはなかなか行かんと思うのです。

 自分個人について
 2nd吹きとしてはまだまだ。もっと1stをささえられたところがありました。ホルンパートとしては音楽的にかなり作りこめたと思います。単純音ミスはだいぶなくせました。まだまだ打率10割とまでは行きませんが、9割5分まではいきました(本人主観測定値)。
 インペクとしては、人に任せることは人に任せることがようやくすこしずつできるようになりました。少しはいらいらすることが少なくなってきています。大人になったのかまるくなったのか、妥協してきたのかはわかりませんが。
 
 なんだかんだ書きました。それでもこれまでの伊賀オケの演奏会の中で、今回は一番よい演奏だと思ってます。もちろん下手くそですが。はじめて自分で本番の録音を聴き返そうという気になるところまでは来ました。
 ベートーベンのバイオリン協奏曲という選曲は大ギャンブルだったのですが(もちろん今の伊賀オケにとってはどの曲やっても大ギャンブルですが)、指揮者とソリストに助けられて、伊賀オケのよいところがかなり引き出された演奏ができたと思います。

 打ち上げで自分が口走ったこと。
 「パート内問題インペク不介入の原則」
 長期的な団内の平和のために、インペクの心身の安全のために全てのアマオケにおいて守られるべき国際法に基づく原則(嘘)。
 

|

« 明日本番 | トップページ | 松茸狩り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18112/12244839

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会を終えて:

« 明日本番 | トップページ | 松茸狩り »