« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

受験モードにきりかえ

来年の1月28日に、社会福祉士の国家試験を受験します。
なので心身ともにこれから約3ヶ月ほど、受験モードにきりかえます。

・早寝早起きします。
・お酒を控えめにします。
・だらだらとPCの前に座りません。
・伊賀オケとUHEを休みます。

・もちろん勉強します。

ということで、日記の更新もぼちぼちということになるかもしれませんが、とりたてて精神的な不調ということではないのでご心配なく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松茸狩り

10月15日(日)
 ぽれぽれオーナー&シェフ、N森さん、にかいどう家で松茸狩りに行く。
 ちなみに松茸山は私有地なので、勝手に入ると怒られます。
 (シーズン中は昼夜を問わず地元の人が見回りしてます。)
 オーナーのお母さんの実家が松茸山を所有しているので、そのおうちから鑑札を借りて入山。
 松茸狩りに行ったのに、見つかるのは写真のようなキノコばっかり。Dsc00004Dsc00007


 仕方がないので沢がにDsc00009


つかまえて、2時間ほどで下山。
 悔しかったけど、シェフ宅のデッキで久しぶりに屋外ランチ(しかもすきやき)したので、満足な日曜日でした。

 夜は伊賀オケの練習&選曲会議。
 次回はベト2とあいなりました。
 選曲の古典路線も定着してきて、会議もそんなにもめず。
 こうなってくると、ちょっとぐらい自分の手を離れても大丈夫かな、とも思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演奏会を終えて

 月曜日に伊賀オケの第3回定期演奏会が無事に終わりました。感想などをまとめて。演奏面については主に管打楽器のことを書いてます。弦楽器のことはよく分からないので。

 当たり前のことですが、自分の演奏する楽譜が楽曲全体の中でどういう位置を占めて、どういう役割があって、どういう意味があるのか。オーケストラの奏者として演奏に加わる以上、「常に」そのことを考え続ける必要があります。というかオーケストラの奏者として演奏するという行為は、そういう行為です。
 今回の演奏会では考えている奏者と考えていない奏者の差がはっきりと聴き取れました。これはオケにとっての成長でしょう。前回まではあまりに演奏が混沌としていて、きちんと考えて演奏している奏者の演奏が聴き取れない状況だったのです。
 きちんと考えて(=最低限のことをクリアして)演奏している奏者の割合が増えてきたので、できていない奏者がはっきりと分かって聴こえるようになってきた、ということです。

 楽曲全体を考え感じているかどうかは、演奏の技術が上手か下手かということとも確かに相関します。しかし、たとえ音をミスったとしても、発音のタイミングがアンサンブルできていたほうが、よい演奏だと私は思います。
 たとえどんなに美しい音であっても、音楽の流れをまったく無視したタイミングで発音されたら、その一撃で楽曲はぶち壊しです。
 もちろん、そういう一撃は今回も多々発せられたわけです。

 いつもの話になりますが、管打楽器奏者は実際に音を出す部分より、音を出してない時間にどれだけアンテナを働かすことが必要不可欠であり、演奏する部分についてはそのフレーズはどこからやってきてどこへ行くのかを分析することが、音を出す以前に必要な行為でしょう。

 ステージマナーについて。
 「立ったり座ったり」は今回もみっともないことになってしまいました
。確かに経験をつめばだんだんわかるだろう、ということなのです。しかし今回の演奏会に来ていただいたお客さんにとっては、これが最後の伊賀オケ体験になるかも知れず、演奏以外の点でも「何じゃこの団体はみっともない」と思われるのは悔しいところです。
 そして演奏会終了後、今回も指揮者に拍手を浴びていただくのに失敗しました。次回こそは。
 これまでメンバーにステージマナーは身についているというのが前提のオケにばかり在籍していたので、口うるさくそういうことをいうのはいやなのですが、このままでは教育的活動をしなくては、と思います。
 コンマスにあわせるという基本を実行するためには、コンマスがきちんとさっそうと立ち居振舞うということが基本なので。

 演奏会運営について
 指揮者の直前の交代など、どたばたの割にはスムーズに行きました。事前の決め事は最低限にして、現場で臨機応変に動けるのが数人いればあとは上手く行きます。たくさんの係をこまごまと決めたほうがよいという意見もあるにはあるのですが(そしてその意義も分かるのですが)、自覚と対応能力のない係をたくさんつくっても、スムーズにはなかなか行かんと思うのです。

 自分個人について
 2nd吹きとしてはまだまだ。もっと1stをささえられたところがありました。ホルンパートとしては音楽的にかなり作りこめたと思います。単純音ミスはだいぶなくせました。まだまだ打率10割とまでは行きませんが、9割5分まではいきました(本人主観測定値)。
 インペクとしては、人に任せることは人に任せることがようやくすこしずつできるようになりました。少しはいらいらすることが少なくなってきています。大人になったのかまるくなったのか、妥協してきたのかはわかりませんが。
 
 なんだかんだ書きました。それでもこれまでの伊賀オケの演奏会の中で、今回は一番よい演奏だと思ってます。もちろん下手くそですが。はじめて自分で本番の録音を聴き返そうという気になるところまでは来ました。
 ベートーベンのバイオリン協奏曲という選曲は大ギャンブルだったのですが(もちろん今の伊賀オケにとってはどの曲やっても大ギャンブルですが)、指揮者とソリストに助けられて、伊賀オケのよいところがかなり引き出された演奏ができたと思います。

 打ち上げで自分が口走ったこと。
 「パート内問題インペク不介入の原則」
 長期的な団内の平和のために、インペクの心身の安全のために全てのアマオケにおいて守られるべき国際法に基づく原則(嘘)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日本番

というわけで、明日本番です。

名張青少年センターで13時30分開場、14時開演。
連絡いただければ置きチケットいたしますよ。

http://iga-community-orch.hp.infoseek.co.jp/ensoukai.html

ぜひお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽器吹いてばっかりの連休だ

10月7日(土)
 午前中、みのりとプールへ。
 1時間ほど水につかる。
 夕方青山ホールへ。
 オケ関係の楽譜の準備など。
 夜は芭蕉祭市民バンドの練習。
 毎年ほとんど同じメンツで同じ曲をやっているのにちっとも上手くならないって、これいかに。

10月8日(日)
 午前中は掃除・洗濯。
 昼ごろ、町内の運動会に保育園児が招待されて参加するので、みのりを連れて行く。
 保育園児の演技は集合から30分もかからず、さくっと終了。
 14時30分からオケのリハーサル。
 休憩を挟みながら、20時30分まで。
 さすがにくたびれましたです。

 最近はオケに対する考えをちょっと変えたので、少し楽になりました。まあいらいらすることはたくさんあるけど、もう少し大人になろうと。
 
 そしてそれとは別に、本番のたびに、アマチュアで音楽ができることはなんて幸せなんだろうと思います。だからこそ一生懸命やらねばと思うのですよ。
 明日も気合入れて吹きます。

 _023
 今日のリハ風景。一応オーケストラに見えるでしょ。見た目は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一雨にごとに

10月2日(月)
 職場に新しく3人嘱託さんがやってきた。
 その対応などで一日ばたばたと過ごす。
 少し残業。

10月3日(火)
 一日事務仕事。むう。

10月4日(水)
 一日中会計伝票を入力。

 夜はUHEの練習。
 inE♭であることが判明したギャレの三重奏を練習。
 割とすんなりみんななれる。響きもこちらのほうが落ち着く。
 今回は一楽章しか取り上げないのだが、この調であれば全4楽章演奏も可能ではないかとの話になる。

 ここ数日雨が降ったりやんだりしているのだが、一雨ごとに秋が深まる。この季節の感じは好きである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

LVB室内管弦楽団演奏会

10月8日(日)です。
伊賀オケの本番の前日なので、残念ながら聴きに行けません。
関東地方の方はぜひLVBを聴きにいってください。
http://lvb.tea-nifty.com/lvb/2006/10/post_f8cc.html

伊賀地方の方は翌日の伊賀オケを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みのり運動会

9月29日(金)
 職場の同僚と若手と5人でのみに行く。
 若手の一人が高校の吹奏楽部の同期の弟であることが判明。 びっくりした。なかなか濃いファゴット吹きだったんだもの。その同期。
 ちょっとスイッチが入ってしまい、同僚相手に社会福祉職と医療職のアプローチというか価値観の違いをしゃべり倒してしまった。

9月30日(土)
 午前中は保育園の運動会。
 みのりは年長なので、保育園の運動会はこれで最後。
 練習ではいつもかけっこびりだったのに、今日は一等賞でゴールインし、大変ご機嫌。
 ちなみに父はかけっこや徒競走で一等になったことなんてないぞ。史上最高位で2位。
 夜は伊賀オケの練習。
 トレーナーとして急きょ来て下さった川嶋先生の合奏。
 ホルンはほめられてよかった。他の管楽器のいっそうの奮起を期待する。
 ギャレの三重奏の音源を入手。ナチュラルホルンで吹いてるんだよ。すごいぞ。一聴の価値あり。
 練習後、たーさんちであーだこーだいいながら軽く飲む。

10月1日(日)
 午前中少しだけオケ関係の雑務。
 昼少し前に針の温泉プールに出かけ、2時間ほど過ごす。
 そのあと天理ラーメンで遅めの昼食。
 すいません。そんなことしてたので演奏会は聴きにいけませんでした>Cさん。
 夜はふたたび伊賀オケの練習。
 2夜連続なのでさすがにくたびれる。
 クラリネットの団員(だいぶ後輩)から「二階堂さんとYさんってどっちが上なんですか」と聞かれてショックを受ける。
 (ちなみにYさんは7年上です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事修了

 昨年の4月から日本知的障害者福祉協会社会福祉士養成所(通信教育)というところで勉強していたのですが、9月末日をもって無事に修了しました。
 これでようやく社会福祉士試験の受験資格を得られましたので、早速出願します。試験は来年1月末。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »