« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

養老天命反転地

4月29日(土)
 以前から気になっていた養老天命反転地に行ってきました。
  家から名阪と東名阪、桑名東インターで降りて国道258号線。
 昨日洗車してワックスがけもして、タイヤも替えたので気分よくドライブ。
 通算片道1時間45分ぐらいで到着。
 Vfsh0003

 ほんとに傾斜ばかりで、平らなところがない。けが人続出というのもよくわかる。(当日もけがした人を見かけました。)
 でも面白い。岐阜県がお金を出した施設なので岐阜県の地図の入ったデザインになっている部分があったりするのはいただけないけど、30分もいるとなんだか平衡感覚がおかしくなってくる気がする。
 大人なら半日から1日は楽しめる場所です。
 養老天命反転地は養老公園の中にあって、反転地のほかにも子どもの国やパターゴルフ、広い芝生の広場などたくさんあって、子ども連れで一日じっくり遊べます。
 近くにある養老の瀧にいきそびれたので、また行こうと思います。今度は養老線で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の弁当

Dsc00002
これはかなた用。
そうか、冷静に見ると肉団子のところにスキマが。
もう少し工夫できそう。
写真載せるとみんなからアドバイスもらえるのでいろいろと工夫できます。
次回は5月18日にみのりの親子遠足の時に作成予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

補足

昨日のアドレスではKICHIの場所がわからんということでしたので補足しときます。
http://www.ict.ne.jp/~irohakan/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KICHIデビュー

4月26日(水)
 中学時代の同級生がやっている喫茶店に立ち寄る。
 http://kichi.exblog.jp/
 同級生に会うのは中学卒業以来なので、18年ぶり。(おそろしい。)
 あんまり変わってなかった気がする。
 中学のときはそんなにしゃべった記憶がないのだけど、いろいろと話ができてよかった。
 コーヒーもケーキもおいしくて関心。
 土日祝がお休みで、営業時間が8時から18時なので、仕事に復帰するとなかなか立ち寄れないかもしれないが、また寄ろうっと。
 晩ご飯は(オージー)ビーフカレー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウンセリング・散歩

4月25日(火)
 朝、保育園の前で一瞬嵐のような風雨。
 9時からカウンセリング。
 1時間ほどのカウンセリングなのだが、あっという間に終わってしまう。
 気づくと結構しゃべっている。しゃべっている中で自分の考えに気づくこともあり、(まあそのためにカウンセリングが存在するわけですが)面白い。
 そしてつくづく心理職にならなくてよかったと思う。
 次回は復帰してしばらくしてから来ることにした。
 運動不足なので名張中央公園の中を散歩。夏見廃寺跡も歩く。
 こういう遺構のある場所を散策するのは好きである。
 夕食はたけのこご飯とぶりの照り焼き。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病休日誌

その昔には育休日誌というのを書いたなあ。
覚え書きです。

4月21日(金)
 文化会館で演奏会リハーサル。

4月22日(土)
 演奏会本番。
 2回しか練習してない割には、いい音がして結構楽しめた。
 意外な人が部活の先輩であることを知り、びっくり。
 先輩もびっくりしてましたが。

4月23日(日)
 夜はシェフ宅で夕食。

4月24日(月)
 カーテンなどを洗濯してすごす。
 内田樹「知に働けば蔵が建つ」をぱらぱらと読む。
 ニーチェを下敷きにオルテガの「大衆の反逆」を読み解く一章がよい。
 全部ブログで一度読んだはずなんだけど。
 以下「大衆の反逆」の引用
 「じっさいの生は、一瞬ごとにためらい、同じ場所で足踏みし、いくつもの可能性の中のどれに決定すべきか迷っている。この形而上学的ためらいが、生と関係のあるすべてのものに、不安と戦慄という、まぎれもない特徴を与えるのである。」
 僭越ながら、ワタクシの不安はこの不安と同質のものであろうか。根源は同質だけど、不安に対する対応の仕方がへたくそな気がする>自分。
 夜は実家。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事は休んでますが

 子どもたちは家にいる(といっても日中は学校や保育園にいっている)わけでありまして、家事や育児などはせねばならぬわけです。かといってそれが負担かというとそういうわけでもなく、まあ楽しみとまでは行かないまでも、いい気分転換になるのです。
 ちなみに今週のこれまでの夕食は、
 月曜日 シェフ宅で鍋。
 火曜日 シーフードカレー
 水曜日 ぎょうざ(自家製ではない)
 となっております。

 ちなみに明日はお弁当作り。

 このペースを仕事復帰後もどうやってうまく配分するか、思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼちぼちと

昨日は本当に久しぶりにいい天気でした。
空気も乾いていて、桜の花の散る様子が美しい日でした。

あまり何も書かない心配される方もあるかと思いまして。
謹慎しているわけではないのですが書き込みも自粛気味。
とりあえずぼちぼちと充電中。
放電しきらないうちでよかったです。
不安感はやはりまだ強いのですが、日常生活にはなんとか支障のないレベルであります。
今日はカウンセリング受けてきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

報告

 4月12日から病気休暇に入りました。4月末までの予定です。
 精神のバランスを崩しました。具体的にいうと、4月12日の朝、完全に出社拒否状態におちいりました。
 直接的な原因は仕事上のストレスですが、今年に入ってからさまざまな負荷がちょっと大きすぎたかなと思います。
 受診もしました。身体は大丈夫です。子どもたちともきちんとかかわれています。
 きちんと復帰するために、きちんと休むことにします。
 更新はするかしないかわかりませんが、(たぶん仕事と関係ないネタでするでしょう)滞っても心配なく。
 すでに報告させていただいた皆さんからの支えに心から感謝します。
 少しでも自分のことを理解しようとしてくれる人がいること、一人ではないと思えることが、こんなに自分の支えになるとは思いませんでした。ありがとう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

遅ればせながら「有頂天ホテル」

4月11日(火)
 朝から雨。結構強く降る。
 一日中事務所でお仕事。
 仕事の間、昨日ぐらいからひきずっているへこみモードの原因について同僚に話しをして、ほんの少しだけ気が軽くなる。
 定時で飛び出し、かなたとみのりをさくさくとお迎えにまわる。
 きょうはかなたリクエストで3人で「有頂天ホテル」を見に行く。
 三谷幸喜作品を見に行きたがる小学3年生というのもなかなか渋い。
 役所広司さんや戸田恵子さんはいつ見てもいい感じ。
 YOUさんっていうのはものすごく才能がある人なんだと再確認。
 (「誰も知らない」以来久しぶりに映画で見ました。ほかに出てたっけ)
 映画のメッセージは明確で「外野が何を言おうが自分のやりたいことをやっていこうよ」。
 ちょっとへこみモードだった自分にはとてもいいタイミングの映画。
 メッセージが単純明快なだけに、そのほかの部分の作りこみはとっても手が込んでました。
 そういえば2年前に映画ブームというのが若干マイブームとしてあったのだった。
 父子家庭ではなかなか映画見に行くのもままならぬと思っていたが、家の近くの映画館でやってくれれば見に行くこともできるのだなあ。ただしメジャーな映画しかかからないけど。
 有頂天ホテルもこの時期に2週間だけだものなあ。しかも今日の入場者数は一ケタ台。
 大丈夫なんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へこみモード

4月10日(月)
 仕事上のことでなんだかなあと思うことがあり、へこむ。
 午後は組合の用事で津に出張。
 財政分析の研究ワーキンググループに入れられたのだが、何をやってほしいのか意図が明確でなく、なんだか意義もなく午後の時間をつぶされてしまった。こちとら休暇とって行ってるんだからもう少し段取りしておいてほしい。
 実家で夕食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本格花見

4月9日(日)
 近くの運動公園に花見に。
 花見前に買い物に出たときは少し雨が降って、心配な天気だったが花見を始めたときには晴れる。
 参加者はぽれぽれシェフ&N森さん、Fっちーさんにわれわれ。
 運動公園で花見したのは初めてだったけど、芝生はほどほどに広く、桜の木の枝も低い位置まであって、混みすぎず寂しすぎず、なかなかの花見スポットでした。
 夜は伊賀オケの練習であったのだが、首席奏者が休むとのことでワタクシも休む。
 さすがに日曜の夜の練習では参加継続は難しいかと検討中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ花見

4月8日(土)
 朝から黄砂で空が霞んでいる。
 かなたリクエストでボウリングに行こうとするが、二つあるボウリング場の両方とも貸切で断念。
 上野城に軽く花見に行く。
 Dsc00032
 夜はぽれぽれ家へ。
 最初は貸しきり状態だったのに、1時間もたたないうちに満席に。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほっと一息の金曜日

4月7日(金)
 一週間の終わり。
 朝は昨日に引き続きお弁当作り。
 お弁当作りはとりあえず今日まで。来週からは給食始まるのでね。
 お弁当作りの反響が意外と大きかったので、写真とっておけばよかったと反省。
 なかなかそこまでの余裕が朝ありませぬが。
 センターにて一日仕事。
 かなたとみのりは実家に泊まり、金曜の夜は一人でゆったり過ごすつもりであったが、みのりが実家に行かないというので、二人でぽれぽれ家で食事。
 33歳男と5歳男子がカウンターに並んで無国籍居酒屋で夕食をとる姿は、一歩間違えれば児童虐待寸前であるなあ。
 金曜日のぽれぽれ家は団体が二組入りカウンターもほぼ満席。
 シェフ&オーナーともゆっくり話すのは明日にして、あさりの酒蒸しとボンゴレロッソをたべて撤収。
 夜遅く配偶者が最終バスで戻ってきたので迎えに行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当作り

4月6日(木)
 かなた始業式。今日から学童保育に行く。
 給食がないので学童保育で食べるお弁当を作る。
 お弁当を作るのはかなり久しぶり。
 出来合いのものばかりであるが、玉子焼きぐらいは自作する。
 一人分も二人分も変わりないので、自分も今日はお弁当。
 午前中は事務仕事。午後は隣の前職場に行って引き継ぎ。
 久しぶりに定時退庁し、帰宅。
 夕食は中華風オムレツ(ちょっと失敗)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜ようやく咲き始める

4月4日(火)
 一日どたばたと事務仕事。
 庶務に専念したいものである。
 夕食は実家。

4月5日(水)
 みのりが保育園の入園式で一日お休みをいただく。
 ずっと通ってるのに入園式というのも変な感じ。
 午前中保育園にて過ごす。
 午後からは銀行やオイル交換、買い物、図書館、駐車場の支払いなど諸事を済ます。
 夕方かなたのヤマハレッスン。
 夕ご飯はあさりの酒蒸しとキャベツの浅漬け、じゃかいもとわかめの味噌汁。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域包括支援センター営業開始

4月3日(月)
 新年度初営業日。
 ワタクシは数十メートル移動して地域包括支援センターに異動。
 センターは外部の法人から専門職が数人やってきているのだが、ほとんどみんな知り合い。
 障害者相談支援センターも併設で同じように外部の法人から専門職が来ているのだが、この人たちもほとんど知り合い。
 この間まで少し距離を置いて(同じ会社ではないという意味で)、仲良くお付き合いしてきた人たちと、同じ職場で手の内をさらけ出して仕事をしていくというのは、良くも悪くもプレッシャーがかかるものである。
 少し距離を置いている間は高い評価をしてくれていた人が、距離が近づくとその評価を反転させるということは(自分も含めて)よくあることなので。まじめに庶務担当します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

季節の変わり目

4月2日(日)
 市内の保育園・幼稚園年長組が全員集まり「忍ジャーズダンス」と「忍忍体操」をするという「いかにもな企画」にみのりが参加するので出かける。
 晴天ならお城の前の広場で行われるのだが、今日は雨なので小学校の体育館で開催。
 帰り際ものすごく雨が降るので驚く。雷もなったりして季節の変わり目を感じる。
 明日から父子家庭でやんす。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演奏会無事終了

4月1日(土)
 あおやま春の室内音楽祭本番。
 9時にホール入りして、準備。10時からリハーサル開始。
 自分の練習をしながら、準備したり、リハーサル進行したり。
 ウへの社長夫人であらせられるN先生がステージマネージャーを引き受けていただいたおかげで、リハーサルはきわめてスムーズに進む。
 本番直前にはウへメンバーで結婚して現在は堺に在住のI さん、そしてウへメンバーH君の奥様(新婚!)も駆けつけてくれてI さんには影アナ、H君の奥様には受付を頼んでしまう。
 開場してみると予想外のお客さんの入り。およそ100名ほどの入場者(主催者発表)。
 雑に作ったはずの進行表どうり演奏は進み、終演も予定通りの17時15分。
 打ち上げもたくさん参加してくれて、楽しんでいただけたようでよかったです。
 今回の演奏会はけっこう自分が準備することが多くて、公私ともどもあわただしい中精神的な負担になっていて、演奏会終わるまでは「もう2度と演奏会の企画なんてしないぞ」と思っていたのですが、打ち上げが楽しいとその決心も揺らいでしまうのだよなあ。
 演奏面は今後の課題がいくつか発見できて、またそれを乗り越えるべくさらっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日

青山ホールにて15時から演奏会です。(うそじゃないよ)
ぜひ聴きにきてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »