« 研修から日常へ | トップページ | 春に向かう雨 »

何はともあれ・まっ、いいか。(借題)

2月24日(金)
 4月から自分が担当していた会議の最終回が夜にあり、何はともあれ終了。
 とりあえず肩の荷が下りて、その分のエネルギーを次の仕事に注ぎ込めると思うと安心。
 このところ自分の仕事の処理能力には当然限界があり、その80%ぐらいで平常運転しているのが一番効率がいいと痛感。sempre100%運転では突発事態に対処できない。ふだん80%で、瞬間的には200%運転も可能で緊急事態が処理できればよい。

 自分にとってはけっこう荷の重かった委員会が最終会を終えたのにもかかわらず、上司からはねぎらいの言葉の一つもなし。まあこなして当然と思っているのかなあ。ここで「おつかれさん」の一言でも言ってくれれば、明日からの仕事のモチベーションになるのだが。
 自分が上司だったら、担当者と祝杯あげてるな。
 
 茂木健一郎さんのブログにこんな記事がありました。  

 自分も、「(仕事においては)自分はものすごく気が小さくて、ネガティブ思考」と公言しています。
 自分のことを知っている人にとって、普段のnikamateの言動からはあまり信じられないだろうけど、(自分のことをよく知っている人はひょっとしたら信じてくれるかも)本当にそうなんです。
 自分にとってプレッシャーのかかる場面を想像すると、悪いストーリーを何本も想像して、「こうなったらどうしよう」と、不安にかられているのです。
 そうはいっても、「まっ、いいか。」と行動を開始してしまうので、普段のような言動になるわけです。
 「大胆な臆病」というフレーズが気に入ってしまいました。

 ところで、この記事のタイトルを書いたとき、茂木さんのブログのタイトルを借りたので「借題」と書いたのですが、本当に「借題」なんて言葉があるのだろうか?と辞書をひいたら、新明解国語辞典には載ってませんでした。
 ブログで検索したら、「中国のことわざ」をまとめたサイトに次のような記述が。
 「借題發揮 事にかこつけて自分の意見を述べ立てる」
 まさしくこの文章のことで、笑いました。

 「借題発揮」って、トラックバックの日本語訳としても使えそう。

|

« 研修から日常へ | トップページ | 春に向かう雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18112/8825119

この記事へのトラックバック一覧です: 何はともあれ・まっ、いいか。(借題):

« 研修から日常へ | トップページ | 春に向かう雨 »