« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

スタンプラリー

1月30日(月)
 郵送で到着した自分が処理を担当する書類の数が、これまでの記録を更新。(17年度一日あたりの記録。)
 処理に追われる。
 どこの組織でも、官僚制の組織(役所だけじゃないよ)では意思決定のために、下位の職階のものから上位の職階のものへ意思決定の承認を文書で得ていかなくてはならない。
 なんていうとたいそうだが、要するに何しようと思っても上司の印鑑をもらわねばならぬということ。
 特に承認を得る事柄がたくさんの部署の担当業務にまたがると、はんこの数が膨大になる。
 今日はスタンプラリーの気分でした。
 事前に十分はんこをいただく準備をしておいたので比較的スムーズでしたが、それでも時間がかかります。
 電子決裁になったら、楽になるのかしらん。
 若干残業してから、シェフ宅に直行。チーズフォンデュをいただく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日曜参観

1月29日(日)
 今日は小学校の日曜参観日。
 ほぼ定時どおり起床し、午前中は小学校で過ごす。
 思ったより学級の様子が落ち着いているので安心する。
 子どもたちが前に出たり、先生にあてられて自分の考えを発表する時に、ちょっと答えにつまると「忘れた」といっているのが気になる。本当に忘れてしまった時だけじゃなくて、自分の答えが間違ってるなって気付いた時も「忘れた!」といって座ってしまう様子。
 自分たちが小学生低学年(参観したのは2年生)の時ってそういう言い方したかなと考えて見る。なにも自分たちの小学生のときの行動が「正しい」わけではないのだが。
 給食が始まるまで参観して、それから帰宅。遅めの昼食。
 ずーっとたちっぱなしだったのでくたびれて、午睡。
 夜伊賀オケの練習。久しぶりの合奏。
 昨日メールをくれた後輩は見学にきてくれて、どうやら入団してくれるような感じ。うれしい限り。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

団員募集中

1月28日(土)
 午前中ちょっと自宅のパソコンで仕事。あまり持ち帰り仕事はしたくないのだが、毎日遅くまで残業できるわけでもないのでしかたない。
 昼から図書館へ。
 最近、岩波新書は新規購入をあまりせず、図書館で借りて読んでいる。
 新刊でもあまり誰も借りていないので、ほぼ出版直後に読めるので。
 図書館から戻ると、昨晩ぽれぽれ家でいっしょになった後輩から、「伊賀オケの練習を見学したい」とのメールが入る。
 あれだけ好き放題いろいろしゃべってしまって、ちょっといいすぎたかなあ、と思っていたので安心する。
 ちなみに伊賀オケは全パートにおいて団員募集中です。興味のある方はぜひご連絡を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

専攻生

1月27日(金)
 一日中事務所でお仕事。
 午前中は新システムのLAM設置工事のため、がやがやとしていた。
 午後は業者さんと打ち合わせ。 
 若干残業してぽれぽれ家ヘ。
 10歳年下の部活の後輩がご両親と来店中であった。
 このご両親とは、はるか昔ワタクシが高校生のときに入っていた第九の合唱団での知り合い。
 後輩は某県立芸術大学のクラリネット専攻を卒業し、市内の学校の介助員をしているとのこと。
 お酒も入っていたので、「楽器を吹きつづける以上、「専攻生」(楽器演奏を大学で専攻して卒業したということ)だったということは、いつまでもついてまわるのよ、だからどこで吹くにしてもいい演奏をしてね」とエールを送る。
 この後輩から、ワタクシが専攻生だと思われていたことが発覚し、びっくり。とんでもない。ワタクシは楽器に関しては生粋のアマチュアっすよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護報酬見直し

1月26日(木)
 社会保障審議会介護給付費分科会が開かれ、平成18年度介護報酬等の見直しに係る諮問についての資料が公表された。(ワムネット参照
 すでに報道されたとおり、全体で0.5%減額。
 居宅介護支援(ケアマネジメント)の報酬を見ると、独立ケアマネなんて、夢のまた夢だなあ。
 新しい時代の「公(おおやけ)」という議論がなされているけど、ケアマネージャーの独立・中立・公平性の確保も、その中で考える必要がある。
 「ケアマネジメントとソーシャルワーク」とか、概念的なこともいろいろ考えたいのだけど、今は業務の中で細かい制度変更にお付き合いするのでせいいっぱい。
 たてまえでいえば、理念や原理原則の方向性の変更によって、政策が決定され、政策を実現するための制度も変更されるので、制度変更に取り組むのは理念を実現しようという(その理念に賛同できれば)やりがいのある仕事。だけど末端の制度の細かい話になると理念は影をひそめて、テクニカルな瑣末な作業になってしまう。もちろんそのための事務吏員なわけだが。

 夜はUHEの練習。
 練習後雑談。
 たーさんは現在40歳なのだが、32、3歳ごろからかなり腕が上がったとのこと。
 自分はいつも漠然と「もうこれ以上は上手くならないかも」と思うのだが、この10年ぐらいを考えると、少しは上達もしている。と思う。
 どうせなら「自分はもっと上手になれる」と思って吹いているほうが楽しいわけで、これからそう思おうっと。
 いろんなことで、壁とか枠を作ってしまうのは自分自身の思考なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

組織で働く

1月25日(水)
 わが社の4月以降の組織図と人員配置の案が公表される。
 自分の部署はあんまり増員要望が通らなかった。
 所属長のネゴシエーション能力と説明能力の多寡で、その下で働く人間の負担は変わるのだ。あたりまえのことだが。
 2月半ばに行く研修の要項や資料が届く。
 事前提出資料がけっこうボリュームがあって、大変そう。
 夜に委員会。9時過ぎに終了。
 あんまり遅くまで残業することになれていないので、さすがにくたびれた。
 帰りにぽれぽれ家に立ちより、少しぼやいてすっきりさせてもらった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保育参観

1月24日(火)
 2時間ほど年休を取り、保育参観に行く。
 ほとんどの保護者(といっても母親。男性はワタクシと園児のおじいさんらしい方の二人)が来ていてびっくりする。
 明日の会議の準備などで若干残業。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無罪の推定

1月23日(月)
 演奏会の次の日。
 基本的には演奏会の次の日は休みたいのだけど、そうもいかず出勤。
 一日事務所でお仕事。
 夜、家でごろごろしていると、堀江氏ら逮捕のニュースが流れた。
 早めに寝ようと思っていたのだが、ついついだらだらと日付が変わるまでニュースを見てしまう。
 民放2社(テレビ朝日系とTBS系)は、東京地検から東京拘置所への被疑者の移送を生中継していた。
 その後に日テレ系が追随。フジ系は定時のニュースで報道。
 確かに大きなニュースではあるけど、被疑者の移送をヘリコプターまで出して生中継することにあまり意義はない。
 逮捕され被疑者となった時点では推定無罪のはずである。
 もちろん、検察はそれなりに証拠を積み上げて、起訴して有罪判決がでるという確信をもって逮捕したには違いない。
 私にとっては堀江氏らが逮捕され、ライブドア社が倒産しても、生活にほとんど影響はない。彼らがどういう商売をしていたかにもあまり興味はない。報道される堀江氏の考え方やふるまい方には好感ももっていない。ああやっぱり悪いことしてたんや、とも思う。ただ一個人がそう思うのと、報道機関がそう思い込んで報道するのでは、影響力が違う。 
 現時点ではたとえ身柄を拘束されても、彼らが取調べに対して罪を犯したと自白しても、判決が確定するまでは、法的には無罪の人間である。
 そのことで、報道機関はこれまで何回も失敗を繰り返し、(たとえば松本サリン事件)反省の弁を述べてきた。
 この事件が冤罪事件にはならないだろうけど、結局視聴率がとれればなんでもいい、ということであれば、お金があれば何でもできるといっていた堀江氏と大差はない。

参考までに
大阪市立大学インターネット講座2000
の中の
刑事法への招待
ここに推定無罪(無罪の推定)についての講座が2回分掲載されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シャンパン&おでん

1月22日(日)
 ほぼエキストラ状態で出演した吹奏楽の演奏会の本番。
 ホルン会は善戦。ユーフォ、トロンボーンもよかった。
 あとのパートのことはいうまい。まあ演奏会ではなくイベントであった。
 とうぜん打ち上げに出る気力はないので、たーさんちで自主打ち上げ。
 シャンパンとさしいれの日本酒でおいしくおでんをいただきました。
 シャンパンとおでん。意外と相性がいいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弟宅訪問

1月21日(土)
 昨夜の天気予報では雪の予報だったが、ハズレ。
 どうやら雪は関東のほうで降っているらしい。
 朝から京都は伏見の弟宅に訪問。
 弟は昨年第二子が誕生、同じ伏見区内で新居に引っ越していたのだが、まだ行ったことがなかったので、お祝いを渡しに行きがてら訪問。片道1時間30分ほど運転して到着。
 弟は土日仕事が入っていて不在で、弟の奥さんと姪と甥(自分に姪と甥がいるなんて不思議な感じだ)が在宅。
 甥っ子はまだ生まれて3ヶ月と少しで、人見知りもせずよく声を出していた。かなたとみのりもこわごわ甥っ子に触っていたが、泣いたりされないので安心して遊んでいた。
 昼食に宅配ピザを取り、弟の奥さんと子育ての話などする。
 14時過ぎに出発し、ふたたび1時間30分ほどで伊賀に戻る。
 往復とも運転したのでけっこうくたびれる。
 夜はEWSの本番前日ホール練習。
 まずホルンのセッティング位置が悪く、消耗。自分はお手伝い団員なのであまり文句をいうまい、と思っていたが1stの二人がきちんと注文をつけてくれて、セッティング修正。
 マジメに吹奏楽を聴かせようという演奏会をするなら、反響板はきちんと閉じてほしい。それ以前にホールの選択からきちんと考えてほしい。
 リハでは予想を超えた演奏の雑さ&アンサンブルの乱れにへなへなと疲れる。
 明日は自分の楽譜をきちんと演奏して、1stとアンサンブルすることだけに専念しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱力系金曜日

1月20日(金)
 一日中事務所でお仕事。
 思わず脱力してしまうような話や、思わず怒ってしまうような電話があり、久しぶりにくたびれる。
 金曜日らしいといえば金曜日らしい一日。
 若干残業して同僚に家まで車で送ってもらい帰宅。
 日曜日に演奏会の本番があるので、その打ち上げでおいしく乾杯するため、せめて金曜日と土曜日はお酒を飲まずにいようと思っていたのだが、くたびれていたので飲んでしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪徳商法撃退ブログ

つながるblogにカマキリさんの「悪徳商法撃退ブログ」を登録しました。
今話題のlivedoorのブログですが、内容はちゃんとしてますので、ご安心を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津往復

1月19日(木)
 朝、雪が降っていてびっくりする。
 仕事の後、津で組合の集会。
 1時間ほどの集会に参加した後、上野に戻りUHEの練習に参加。
 さすがにくたびれいて、集中力低下。
 変化の激しいフリッパリーズの譜面についていくのがやっと。
 それでも4人揃ってのフリッパリーズの練習は楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間差空間占拠

1月18日(水)
 夜、ぽれぽれ家にて4月に予定している演奏会の打ち合わせ。といいつつ飲む。
 店内は何だか知った顔ばかり。
 打ち合わせの相手の高校の同級生に「(あなたは)音楽を大事に思っているから」という趣旨のことを言われて、本当にそうなのかと考え込む。
 茂木健一郎さんのブログを読んでいると、彼が学芸大附属高の卒業生であることを知る。僕は実習生として学大附高に足を踏み入れたことがあるので、同じ空間に自分が位置を占めていたことがあったかもしれない、と思い不思議な感じがする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

反省モード?

1月17日(火)
 朝、出勤直後の職場にて。最近、いろいろな動作をあわてて雑にやってしまっていることになぜか気がつき、「一つ一つの動作をゆっくりおちついてていねいにやろう」と、手帳に書き込む。
 手帳を見直したわけではないのだが、書き込んだことで夜になっても覚えているのだと思う。
 職場で上司についてずいぶんぼやいてしまった。ぼやくに足りることはずいぶん発生していて、それはそれで仕方のないことだと思う。全然部下のことを信頼していない。信頼関係が築けていない。だけどそうやってぼやいているということは、こちらも相手のことを信頼してないということだ。もちろん信頼関係を築きにくい相手ではあるのだけど、まったく築けない相手でもない。
 自分がずいぶん問題志向型の思考になってしまっている。解決志向のほうが楽なのに。
 明日からはまた解決志向で行動することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護保険中心思考

1月16日(月)
 ふとしたことがきっかけで、自分がずいぶん「介護保険中心思考」にはまっていることに気付く。
 クライエントや関係している援助職に対して、解決へのきっかけを示す、あるいは現在の状態を別の角度からとらえるとらえかたを示すのが、今の職場において「自称ソーシャルワーカー」としての自分の仕事の一部だと思う。
 そのためには介護保険制度だけじゃなくて、ありとあらゆる資源が活用できる、ということがとても大事な考え方。なのに以前久々の、せっかくの訪問場面で、介護保険中心思考から抜け出せずに、自己満足的な(制度説明さえしっかりできればいいのだ)訪問に終わってしまっていたな、といまさらながら気付く。
 介護保険制度に限らず、自分の手持ちの道具だけで何とかしてしまおう、というくせが誰にでもあるのかな。
 (紙と鉛筆を使ったほうが早いのに、なんでもコンピューター使おうとしたりするのと同じなのか。)
 自分の手持ちの好きな道具だけで何とかしてしまうのは、緊急時には必要な時もある。
 けれど、基本的には自分の都合による、自分が楽な方法であって、クライエントにとってベストではない。
 かなり鈍ってしまっているが、まだ気付くだけましかとも思う。これ以上鈍らないようにしなければ。
 身近にあまりスーパーヴァイザーがいない状況は、自分で自分を油断せず見つめていないといけないので、けっこう大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オケ練習初め

1月15日(日)
 遅めに起きてだらだらとすごす。しかも昼食食べてからまた午睡。
 日中は久しぶりに暖かい日和だった。
 夜は伊賀オケの新年初の練習。
 練習に行くと、ホールにチェンバロが。コントラバスのFさんの親戚が大昔に購入して家で眠っていたのを借り受けたものだとのこと。いろんな人がいるものだ。初めてさわらせてもらう。あたりまえだけどピアノとタッチが全然違って面白い。これでしばらくオケの選曲にもしばりがかかっていいかも。5月のミニコンサートでブランデンブルクをやるのだけど、そのときさっそく使われていただくことになっている。
 管楽器はパート練習だったのでたーさんとベートベンの六重奏をあわせる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温暖な雨

1月14日(土)
 久しぶりに温暖な雨。
 長期予報によると、これからは本当に暖冬になるらしい。
 大量の洗濯物を乾かすため、久しぶりに除湿機が稼動。
 図書館で社会福祉士のレポート作成用の文献を借りる。図書館もけっこう人がいて繁盛していた。
 夕方少し午睡して夜はEWSの練習。
 半分以上が某高校のOB・OGといった状況の中で、ホルンパートだけが三重フィルトップ、伊賀オケトップ、そしてワタクシという異色のおじさん軍団。だるだるの合奏に毒づきながら、でもホルンパートの3人から出てくる音はさすがによかった。ホルンパート聴きに来るなら、一聴の価値あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お伊勢参り

1月13日(金)
 午後から介護予防に関して大学の先生の講演があるというので伊勢まで出かける。
 上野から伊勢までは名阪と伊勢自動車道を使って片道1時間30分以上の道のり。
 昼食をとるためにおかげ横丁に立ち寄ったのだが、平日にもかかわらず駐車場はけっこう一杯。
 みんなお伊勢参りしてるんだとびっくり。
 さすがに横丁の中には入って行く時間がないので、入り口近くのお店でてこね寿司と伊勢うどんを堪能。
 肝心の講演はというと、もう少し密度の濃い話が聴けるかと思っていた(基本的には保健師さん対象の講演だったので、自分の弱い保健関係の話が聴けるかと期待していた)のだが、期待はずれだった。
 みんな縦割りじゃダメとかいいつつ、結局自分の守備範囲のことしかカバーしきれないし、かといって一人の人間にあれもこれも十分理解して業務に生かせるようにしろ、というのは難しいよな。地方の中小自治体にとっては特に。そんな人的資源があるわけでなし、優秀な人材は都市部に流れ込んでいるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四重奏×2

1月12日(木)
 UHEの練習。
 おそらくUHE始まって以来、2ヶ所に分かれて集まってそれぞれカルテットを練習。
 ワタクシたちはフリッパリーズの6番、3番、7番、19番を練習。
 もう一つのチームはホミリウスを練習。
 自分はもちろん(?)フリッパリーズの4th担当。
 4月1日に本番予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

専門職とは

1月11日(水)
 あまり詳しくは書けないのだが、若干残っていた「新年度専門職に異動」という可能性がほぼなくなった。
 異動した場合、新規立ち上げの職場・職責で相当の激務が予想されているため、安心した反面、ちょっと残念な気もする。
 自分で自分のことをどのように位置付けていても(だから「自称」なわけですが)、公式には事務職としか認識されていないのだ。その枠組の中で自分の「専門性」をどのように生かしていくか、これからの課題である。
 教訓。資格は早めに取っておくこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状

1月10日(火)
 三連休明け。なかなかペースにのらず。ぼちぼちと仕事する。まあペースにのったところでも同じぐらいだが。
 帰宅するとまだまだ数枚の年賀状が届いていて、以前知り合いになれた判事さんが今の勤務先のホームページに記事を書いていることを教えてくれた。
 以前だいぶお世話になった目上の人にこちらから年賀状を出して、ゆったりと帰ってくる返事を眺めてその人の近況を知るのは毎年この時期の楽しみである。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不覚

1月9日(月)
 危険な日本酒はやはり危険でした。
 すいすいと飲んでしまい強烈な二日酔い。
 9時30分から練習だというのに、起き上がることもままならず、2時間ほど遅刻。
 二日酔いで練習に穴をあけるとは、何たる不覚。
 大変申し訳ない。
 ということで、なんとか這い上がって大遅刻して練習に参加。
 おそるおそる昼食を食べ、少し長めの昼休みを安静にしていたら、少しずつ復活してきた。
 その後なんとか18時30分ごろまでの練習を乗りきる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふぐ!

1月8日(日)
 午後はEWSの練習。
 今年の吹奏楽コンクールの課題曲を2曲ほど合奏した。
 うーむ課題曲つまらないなあ。昔の課題曲はもう少し面白かったきがするのだけど。
 練習は早退させていただき、シェフ宅で新年会。
 今年はなんと!
 Dsc00024
 そう。ふぐなんですよ。
 危険な日本酒も無事開栓に成功! 
 大変おいしゅうございました。
 久しぶりに1時過ぎまで呑みました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び正月気分

1月7日(土)
 小雪ちらつく寒い一日。
 三連休なので、再び正月休みのような気分である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人暮らし終了

1月6日(金)
 昨夜のうちに降った雪が積もって、朝また路面が凍結していた。
 午前中、事務所にてばたばたと事務仕事。
 隣の席の保健師さんに若干今後の仕事についてレクチャー。
 午後は県庁に出張。
 市長の新年の訓示に従い、公共交通機関で往復させていただく。
 18時到着のバスで配偶者とかなたとみのりが帰還。
 静かな一人暮らしもこれで終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隣の席に

1月5日(木)
 若干季節はずれではあるが、地域包括支援センター設立準備のために、自分の所属に一人増員があった。
 ワタクシと同い年の保健師さん。席は自分の左隣と相成りました。ちょっと楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二日酔いでしごとはじめ

1月4日(水)
 しごとはじめ。
 昨夜そんなに飲みすぎたわけではない(と思う)のだが、新年早々ヘビーな二日酔いであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恩師と飲む

1月3日の続き

 高校の吹奏楽部OB会の新年会。
 当時顧問の恩師は65歳になっていた。
 高校卒業以来はじめて一緒にお酒を飲む。
 オーケストラのホルンを評価する言葉をいただき、うれしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年会

1月3日(火)
 大掃除の続き。電灯のかさを掃除する。
 これから高校の吹奏楽部OB会の新年会。
 出席するのはおそらく10数年ぶり。

1月2日(月)
 夜7時過ぎから自宅にて高校時代の同級生たちと恒例の新年会。
 自分が参加するのはかなり久しぶり。
 メニューをいろいろ考えたあげく、海鮮しゃぶしゃぶにする。
 あーだこーだと話をしているうちにすぐに午前1時。
 最近こういう飲み会で時間がたつのがものすごく早く感じる。

1月1日(日)
 あけましておめでとうございます。
 今年も当ブログをよろしくお願いいたします。
 
 午前中、大掃除の続きで風呂掃除。
 昼頃から実家に行き、おせちを食べる。
 夜は祖母宅に伯父伯母がきているので、夕ご飯を一緒にいただく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »