« 一人でいると静かなもんだ | トップページ | 新年会 »

一人で年越し

12月31日(土)
 モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」を聴きながら、一人で年越し。
 一人で年越しするのは、おそらく生まれて初めて。
 10時ぐらいまで両親と祖母宅にいたのだが、両親は両親の家に戻り、自分も特に引き止められなかったので自宅に戻ってきてしまった。よくよく考えると希薄な親子関係である。配偶者と子どもたちは配偶者の実家に帰っているので、こんな時ぐらいは両親の家で年越しをしてやるか、と珍しくその気になっていたのだ。僕の家族関係が希薄なのはよく人に指摘されるのだけど、僕の考え方の問題だけではなく、両親にも原因があるのだな、とおもう。まあその希薄な感じが僕は気に入っているのでかまわない。
 さて、今年も残りあと約20分となったところで、2005年の出来事をまとめておく。
 3月 居宅介護支援専門員資格取得
     シューマン「4本のホルンのためのコンチェルトシュトゥック」演奏。 
 4月 生活保護ケースワーカーを引退。介護保険担当に異動。
     社会福祉士通信教育課程に入学。
 7月 ?年ぶりに吹奏楽コンクールに出演。
 8月 小湊鉄道に乗車。
 夏までに印象的な出来事が多く、秋冬はなんだか薄め。それでも新しい職場に適応をはかりつつ、スクーリングやレポート提出をこなしたのはほめてあげよう。
 新年は4月から父子家庭の予定。生活スタイルを大きく変えねばならず、今関わっているもののかなりの部分をシェイプアップしなくてはならない。暮らし方を見直すのにいい機会だと思っている。           
 この一年ワタクシにかかわっていただいたみなさまに感謝。
 次の一年もよろしくお願いいたします。

|

« 一人でいると静かなもんだ | トップページ | 新年会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18112/7931745

この記事へのトラックバック一覧です: 一人で年越し:

« 一人でいると静かなもんだ | トップページ | 新年会 »