« 平常モードになりつつある | トップページ | ぬる燗のおいしい季節 »

アルコールバトン(補足)

6.お酒が絡んだ最大の失敗
 西国分寺に住み、鶴見の職場に片道1時間30分かけて通勤していたころの話。
 南武線を使って通勤していたので、帰りは鶴見~川崎~府中本町~西国分寺と乗り換えて帰っていました。 
 鶴見と川崎は京浜東北線の隣の駅。4分ほどで到着します。
 さて、ある日鶴見で職場の人と楽しく飲んでおりました。
 最終電車の時間になったので、鶴見で京浜東北線に乗り、席が空いていたので座りました。
 次に気がついた瞬間、私は駅のコンコースで天井からつってある大きな時計を眺めていました。
 時刻は1時。
 あたりを見渡すと「大宮駅」の文字が。
 私は寝過ごして、2時間ほど京浜東北線で熟睡して、大宮駅まで来てしまったのでした。
 その間、まったく記憶なし。電車から降りた記憶もなし。
 仕方がないので、タクシーで西国分寺まで帰りました。
 ものすごく高くついた飲み会でした。

 しかも、次の日は早朝からアルコールのケースの入院に同行。
 私も久里浜病院に入院しようかと思いました。

|

« 平常モードになりつつある | トップページ | ぬる燗のおいしい季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18112/6490443

この記事へのトラックバック一覧です: アルコールバトン(補足):

« 平常モードになりつつある | トップページ | ぬる燗のおいしい季節 »