« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

人生は祭であるか

10月27日(木)
 午後は策定委員会。 
 某課の課長が、委員さんの基礎的な質問に「担当者を連れてきていないのでわかりません」と回答。
 さーっと引いて行く会議室の雰囲気。
 こんなもんなんです。うちの会社。
 家に帰ってから、久しぶりに「大阪俗謡による幻想曲」などきいている。
 おまつり気分引きずりすぎ? 

10月26日(水)
 ぼんやりしながら出勤し、ぼんやりしながらなんとか仕事を片付ける。
 道路に残っただんじりの車輪の後を眺めながら、祭の後の寂しさにひたる。
 この後伊賀はどんどん寒くなるのである。
 仕事の後組合の動員で津へ。
 一応自治労の組合員なのだが、このままじゃ組合なんて崩壊するだろうな、といった感じの決起集会であった。
 大きな声を張り上げてればいいというものではない。

10月25日(火)
 お祭のために一日お休み。
 巡行の出発に合わせて、ほら貝を吹く。二年連続二回目の出場。
 午後の出発時にも吹かせていただく。
 今日は一日定点で行列を見物。
 生まれて初めて、行列の先頭からおしまいまで見ることができた。
 行列は休み休み、時速1キロメートル程度ですすむので、定点観測をすると行列の先頭からおしまいまでは約2時間ほどかかるのである。
 伊賀出身の映画監督さんが映画を作っていて、その撮影も行われていた。 
 だんじり町や鬼町の人たちは、生で第三者的に行列を見ることはほぼ一生ないのだなと思うと、不思議な感じである。
 一日祭を堪能して、仕上げにシェフ宅ですき焼きをしておしまい。
 終わってしまうとさみしいもんである。
 

10月24日(月)
 日中お仕事。
 お祭で通行止めになり、出店が出ている上野のメインストリートに職場が面しているので、仕事どころの気分ではない。
 しかもお昼を過ぎると、だんじりのお囃子も聴こえてくるし。気もそぞろである。
 定時で職場を飛び出し、ぽれぽれ家へ。
 宵山でちょうちんを取り付けられ、明かりのともっただんじりの行列は、天神祭の中で一番美しい光景だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒くなった

10月23日(日)
 いきなり寒くなる。午前中は小雨も。
 夕方までおとなしくしていたが、天気もよくなったのでお祭を見に行く。
 祭を見に行くといっても今日はほとんど出店を眺めるぐらい。
 ぽれぽれ家のちょうど前に向島町のだんじりがとまっている。
 明日の宵山に備えて提灯をつけているだんじりを眺める。
Vfsh0013
 その後隣町との境まで(およそ500mほどか)ためしでだんじりをひくのを手伝わせてもらう。

10月22日(土)
 目がさめたら午前11時30分。久しぶりだ。
 昼ご飯を食べたら、なんだか気持ち悪くなってしまい、半日おとなしく過ごす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬる燗のおいしい季節

10月21日(金)
 朝出かけるとき、吐く息が少し白かった。
 仕事の後、ハシモトで久保田の千寿を購入。碧寿もあったので迷ったのだが、節約の為千寿にしておいた。
 歩いてぽれぽれ家へ。この時期の夕暮れ時に本町通りを歩くのはなかなか楽しい。
 お祭の時には、この道をだんじりがとおるのである。
 冷たくなって乾燥した空気のにおいと雰囲気が、天神祭がもうすぐであることを感じさせる。
 久しぶりにぽれぽれ家でぽれぽれと飲む。 

10月20日(木)
 定演のソリストを務めていただいたヘルツォークさんにメールを送ったところ、すぐに返事が返ってきた。うれしい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルコールバトン(補足)

6.お酒が絡んだ最大の失敗
 西国分寺に住み、鶴見の職場に片道1時間30分かけて通勤していたころの話。
 南武線を使って通勤していたので、帰りは鶴見~川崎~府中本町~西国分寺と乗り換えて帰っていました。 
 鶴見と川崎は京浜東北線の隣の駅。4分ほどで到着します。
 さて、ある日鶴見で職場の人と楽しく飲んでおりました。
 最終電車の時間になったので、鶴見で京浜東北線に乗り、席が空いていたので座りました。
 次に気がついた瞬間、私は駅のコンコースで天井からつってある大きな時計を眺めていました。
 時刻は1時。
 あたりを見渡すと「大宮駅」の文字が。
 私は寝過ごして、2時間ほど京浜東北線で熟睡して、大宮駅まで来てしまったのでした。
 その間、まったく記憶なし。電車から降りた記憶もなし。
 仕方がないので、タクシーで西国分寺まで帰りました。
 ものすごく高くついた飲み会でした。

 しかも、次の日は早朝からアルコールのケースの入院に同行。
 私も久里浜病院に入院しようかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平常モードになりつつある

10月19日(水)はれ
 一日事務所で仕事。
 帰りにぽれぽれ家に立ち寄るが、1時間ほど時間をつぶしてぼおっとしただけ。
 珍しく何も飲み食いせずに帰る。

10月18日(火)
 一日事務所で仕事。
 夜、たーさん宅でUHEの企画会議兼夕食会。
 あちこちの演奏団体の状況について語りながら(穏健な表現だ)、自分たちの次の演奏の機会をどう作るか相談。
 来年4月2日に何かしようということになる。
 H君おめでとう&飲み過ぎには気をつけるように。

10月17日(月)
 疲れて(断じて二日酔いではなく。ほんとだよ)一日お休み。
 心身ともに重く、出かける気にもならず家で過ごす。
 なのに午前中にオケのHP更新。えらいなあ。
 夕食時差し入れでいただいたシャンパンをいただく。
 ようやく打ち上げた感じ。ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルコールバトン

ひろこさんから回ってきました。
こんなに会っていないのにアルコールの話になると思い出してくれたのね。
ではさっそく。

1.冷蔵庫に入っているお酒の容量は?
 キリン1番搾り 500ml×6本
 米焼酎「かなた」 750ml×2本
 ウイスキー「膳」 750ml×1本
 さっき演奏会でいただいたシャンパン空けたところ。
 意外とストックは少ない?
                
2.好きな銘柄は?
 ビール  最近はこだわりなし。以前はモルツが好きでした。
 ワイン  フランスのメドック(赤)
 日本酒 るみ子の酒、久保田千寿・碧寿、栄光富士
 焼酎  さつま小鶴、森伊蔵(有名になる前によくいただきました)、
 ウィスキー 最近は国産の「膳」、Maker’s Mark
 シャンパン ヴーヴ・クリコ  

3.最近最後に飲んだ店は?
 昨日オケの打ち上げで「時代屋」へ

4.よく飲む、もしくは思い入れのある5杯

 よく飲むのは、
 ウイスキーソーダ割(夏季)
 芋焼酎お湯割(冬季)

 思い入れがあるのは、
 演奏会の打ち上げの一杯目のビール、あるいは前中で自分の乗り番が終わって、みんながメインの演奏をしているときに控え室で飲むビール。
 楽しい仲間とのむシャンパン。
 しみじみと酌み交わす日本酒。  
 やっぱり日本酒が好き。

5.お酒が入るとここが変わります(こんな癖が出ます)
 声が大きくなり突っ込み動作が激しくなる。(第1段階)
 人に対して攻撃的になる。(第2段階)  
 人を誉めだす。(第3段階)
 家に帰れない。(最終段階)

6.お酒が絡んだ最大の失敗
 芸劇の練習場で練習の後、池袋の居酒屋で飲みました。
 座敷に上がるので、靴を下駄箱に入れてその鍵を持っていたのですが、いざ帰る時にその鍵が見当たりません。
 激しく酔っぱらっていた私は後輩たちが止めるのも聞かず、裸足で「大丈夫大丈夫帰れる!」といって上機嫌で池袋駅近くまで歩いていったのでした。
 後輩たちが店の人に言って、下駄箱を開けてもらい、靴を持ってきてくれたのでした。
 以来飲み会のたびに、「靴箱の鍵大丈夫ですか」と後輩にいぢめられます。
 このときは第3段階から最終段階に行きかけてました。

7.バトンを渡す人
 べいびい、carol、かわうそさん、ひとみん、butszoさん、いかが?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第2回定期演奏会

10月16日(日)くもりのちはれのちあめ。
 午前中リハーサル。
 トランペット協奏曲のソリスト、デイヴィッド=ヘルツォークさんと初顔合わせ。
 いうまでもなく演奏はすばらしく(なんといってもその音色がよかった)、人柄も非常に温厚な方でひと安心。
 あまりにも下手くそなオケで怒って帰ってしまったらどうしようと、半分本気で心配していたので。
 ということで協奏曲のリハーサルが終わったところで、ひと安心。

 本番冒頭、今年初めに亡くなったコンサートミストレスの追悼演奏。
 あまりなれない段取りなので心配していたが、なんとか上手く流れてくれた。二つめの安心。
 あらためて彼女の冥福を祈りたい。

 かんじんのオケの演奏は、、、。うーむ。まだまだ本腰入れて人に聴きにきてといえる状態ではない。
 ステージマナー(って要するにコンマスにあわせて立ったり座ったりするだけなんだけど、かんじんのコンマスがいまいちそのタイミングや身振りを理解していなくて)も全然できてなくて、気疲れした。
 個人的には(ホルンパート的には)善戦したが、集中力の途切れもあり70点といったところか。
 オケ全体は30点。
 演奏会終了後、レセプションと二次会。
 レセプションではデイヴィッドさんとゆっくりお話が出来てよかった。
nobuko_125


 
 二次会のとき、あまりに疲れた顔をしていたので後輩たちに励まされる。
 ゼロからオーケストラを立ち上げるよりも、もっと大変なマイナスの状態からオーケストラを立ち上げてきて、ここまでできたのは大したもんだよという話に落ち着く。
 演奏レベルも、運営も、ステージマナーもゼロどころか、悪しき慣習がはびこるこの地域で、しかもその悪しき慣習の持ち主たちも巻き込みながら、それでも古典を中心にとりあげるオケを動かしているんだから、それはそれでよしとすることにする。


10月15日(土)けっこう激しく雨
 翌日に伊賀オケの本番を控え、夕方からリハーサル。
 17時に会場入りする。
 ステージのスタッフと打ち合わせをしながら練習。
 今回は演奏会の冒頭に追悼演奏があったり、コンチェルトがあったりで段取り事が多く気が抜けない。
 けっこうへとへとになって帰宅。
 ステージマネージャーをお願いしたH君がお泊りなので、12時過ぎまで軽く飲む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域支援事業研修会

10月14日(金)
 午後から厚労省の課長補佐をお招きして、18年4月から実施される地域支援事業についての研修会。
 地域支援事業とは何ぞや、という詳しい話はそれぞれ調べていただくとしておおざっぱに言えば、いままで老人福祉法と老人保健法と介護保険法に分かれてやっていた「介護予防」を、介護保険財源で一本化して行う事業のことなのです。(かなり不正確な表現だけど)
 午後からの研修会のために、午前中から会場セッティング。いったん職場に戻り仕事を少し片付けて、午後は会場に張り付き、撤収。
 講師のお話は今まで厚労省から出ている話の「そうまとめ」といった感じで、新ネタは無かったが(もちろん細かいところではいろいろあるのだが)、今までの流れを振り返るにはよかったと思う。
 今回の介護保険法改正、地域支援事業の導入(≒もしくは≧高齢者保健福祉事業の再編成)には、いろいろなねらいがあると思うのだけど、ワタクシが一番大きいと思うのは「事業の評価」が導入されたことである。
 同じ基準でお金をかけて結果が異なれば、問題は「やり方」にある。
 やり方のよいところには投入するお金を増やし、悪いところには減らす、そうやって事業の主体を評価する。
 地域支援事業の主体は「市町村」である。
 地域支援事業の実施には、(国が)市町村を評価し、選別していくというプロセスを当然含む。
 福祉行政能力の低い自治体はある程度見切りをつけられる、という時代が来るのだなと実感する。
 これは高齢者福祉だけの状況ではなくて、障害者・児童福祉も「包括」した状況である。
 自分の会社を振り返るに、見切りをつけられないように自分としては最大限つとめているつもりだが、状況は悲観的である。
 ただ、国の意向に沿った施策を展開して、国からいい評価をしてもらうこと、イコール住民の福祉を最大限に増大させることではないと思う。
 そこから先は分野別福祉で解決できることではなく、地域福祉で取り組むところなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芭蕉祭

10月13日(木)はれ
 前夜のお酒が残ってしんどい朝であった。日本酒はいかんなあ。
 夜、社会福祉士のレポートを仕上げる。

10月12日(水)はれ
 芭蕉祭である。
 あの松尾芭蕉の命日なのである。
 昨日まで雨だったので心配だったが、朝から晴れる。
 屋外での式典で、テントの下で楽器を演奏するので、天気が心配だったのだ。
 音程感覚破壊的「演奏」と式典は午前中に終了。
 午後は組合の動員で津に走る。
 夜は芭蕉祭の打ち上げと称して市民バンドに来ていたアカデミーのメンバーの一部(+α)と飲む。
 楽しかったが、睡眠不足だったせいかしんどくなってきて、早めに帰宅。
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アルトサックスの練習用消音器開発」

リンク: MSN-Mainichi INTERACTIVE 国際.
写真がけっこう笑えます。売れるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二日間断酒してます

10月11日(火)くもり
 一日事務所で事務仕事。
 のはずが一日津に出張。
 またしても全国課長会議の内容伝達会議。
 10時から16時30分まで。さすがにくたびれる。 
 何度もいうが、あの会議は書類を配るだけではダメなのか。
 職場に戻って残業。

10月10日(月・祝)はれのちあめ
 朝は晴れていたのだが、昼前から雨が降る。
 晴れの特異日のはずなのに。
 社会福祉士のレポートをようやく1本仕上げる。
 前回の締め切りが8月15日。
 今回の締め切りが10月15日。
 月日のたつのははやい。そしてあいかわらずきわきわにならないと取り組まない。
 夜は芭蕉祭の練習。
 あまりもの音程のなさに左半身が異様に疲れる。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一気に秋に

10月9日(日)
 午前中はかなたとみのりとプールに行く。

 夜伊賀オケの練習。
 本番前最後の青山ホールでの練習。
 今回も結局木管楽器のエキストラはここまで揃わず。
 練習のあと、たーさんちに寄せてもらう。
 伊賀オケの諸問題を短時間で整理する。
 
10月8日(土)
 夜は伊賀オケの練習。

10月7日(金)
 超満員のぽれぽれ家にて顔を出す。
 超満員だというのに常連組がやってきて、とてもにぎやかな夜だった。
 負けまいと(何に?)Kもとさんにもらったシェリーをあけてしまう。
 
10月6日(木)
 夜は久しぶりにUHEの練習。
 5人揃ったので聖フーベルトミサを音出ししてみる。
 久しぶりに1番を吹く。
 似たような曲が続くといえばそうなのだが、それにしてもいい曲である。

10月5日(水)
 社協の人々と旅行の打ち合わせ。
 T氏が大幅に遅れたため、それまでにできあがってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宣伝2

こちらは出演しております。全曲2番を吹きます。

伊賀コミュニティオーケストラ第2回定期演奏会

日時 2005年10月16日(日)開場13時30分開演14時
会場 伊賀市文化会館 さまざまホール
独奏 デイヴィッド=ヘルツォーク(トランペット 新日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者)
曲目 ハイドン 交響曲第101番「時計」 ニ長調
    ハイドン トランペット協奏曲 変ホ長調
    ベートーベン バレエ音楽「プロメテウスの創造物」より序曲
指揮 鳥居 明夫(当団団内指揮者)

チケットはゆうてくれたらなんぼでも用意します。
igaoke20001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

宣伝1

出演はしていないのですが、所属団体ということで。

L.v.B.室内管弦楽団第12回演奏会
とき:2005年10月9日(日)開場13:30 開演14:00
ところ:府中の森芸術劇場 ウィーンホール
指揮:広井 隆
曲目:
モーツァルト/歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 第一幕より抜粋
ベートーヴェン/交響曲第1番ヘ長調 作品21

招待状はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/lvb/12th_invitation.htm

プリントアウトしてご持参いただければ何名様でもご入場いただけます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

後半出発

10月4日(火)
 このところ上司のフォローのような書類仕事ばかり。
 それでもワタクシがやらねばならぬのだろう。
 朝の新聞で村上春樹さんの記事を読み、夜のテレビを見ていると、「あっちの世界と通じる通路」つながりであった。
 村上春樹さんは嫌いではないのだが、どうも読んだときにすとんと来るものがなく、しかし自分の周りには村上春樹さんを好きな人が多いので、この状態を克服したいのだが、いかがしたものか。

10月3日(月)
 夜はシェフ宅で鍋会。久しぶりによくしゃべる。

10月2日(日)
 先日亡くなった叔父の五七日の法事に父の代理で出席。
 夜は今夜もオケの練習。
 来年の選曲も無事決まる。
 自分がのるかどうかは分からないが、御案内。
 伊賀コミュニティオーケストラ第3回定期演奏会
 2006年10月9日(月・祝)午後の演奏会
 場所 名張市青少年センターホール
 曲目 
 ベートーベン エグモント序曲
 ヘンデル 水上の音楽(ハーティ版)
 ベートーベン バイオリン協奏曲
 
10月1日(土)
 みのりの保育園の運動会。
 暑いし日差しが強くて、すっかり日焼けしてしまう。
 夜は伊賀オケの練習。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »