« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

17年度折り返し

9月30日(金)
 久しぶりに定時退庁。
 散髪に行く。さっぱりする。
 散髪の帰り、久しぶりに本屋に立ち寄り、御購入。
 「『脳』整理法」茂木健一郎
 「行動分析学入門」杉山尚子
 「空中庭園」角田光代

9月29日(木)
 仕事中に飲みに行きたい欲求が高まり、残業の後飲みに行く。
 ぽれぽれ家まで歩いて行く。
 通りの明かりの雰囲気や、空気の匂いがお祭の時期が近づいたことを感じさせる。
 日付が変わってから歩いて帰る。
 カシオペアとオリオン座を発見。星座の季節はきちんと移り変わっている。
 帰宅して後、テレビで「そのとき歴史は動いた」の再放送をやっており、藤堂高虎の回だったので終わりまで見てしまう。

9月28日(水)
 惰性で残業するようになってしまっている。いかん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨にぬれながら

9月27日(火)
 一日中事務所にて仕事。
 帰り道、久しぶりに傘をささず少しだけ雨にぬれて帰る。
 気持ちよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼーっとしてます。

9月26日(月)
 久しぶりに公園で昼食をとる。

9月25日(日)
 夜伊賀オケの練習。
 運営のことでちょっと怒りモードであった。
 しかしちょっと大人気なかったかなと反省。

9月24日(土)
 久しぶりにN田さんに会う。
 彼はいつのまにか社会福祉士になって、作業所で働いているのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェスティバルバリエーションばかり聴いている日々

9月23日(金・祝)
午前中はみのりのリクエストで伊賀線に乗車。
伊賀神戸まで行って戻ってくるだけなのだが、かんじんのみのりさんが車内で爆睡。
広小路で下車して、天神さんにお参り。
昼食、久しぶりに九庵で食べる。
夜は芭蕉祭市民バンドの練習。
今年も演奏には参加せず、当日裏方の仕事だけするつもりだったのだけど、所管課から演奏にも参加するように依頼があり、やむを得ず参加。
凄まじい音程と音量の暴力の渦の中で2時間弱を過ごし、疲労困憊。
だから「やむを得ず」なの。

9月22日(木)
策定委員会。
何も具体的な提案はしていないのに、何だか物事が少しずつ決まっているような気分になるから不思議だ。
仕事の後、ぽれぽれ家さんで一発ブラスの企画をネタに飲み会。
こういう企画の話するのって、本当に楽しい。実現するのは大変だけど。

9月21日(水)9月20日(火)
比較的落ち着いた日々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルフレッド=リード氏死去

http://www.asahi.com/obituaries/update/0922/002.html
ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中秋の名月・敬老の日

9月19日(月)
 家の片付けなど。
 夕方、敬老の人いうことで祖母の家に顔を出す。
 昨日たーさんに貸してもらった吹奏楽のCD(フェスティバル・バリエーション!のはいってるやつ)、プラハ、ベートベンのバイオリン協奏曲などを一日中聴いていた。

 
9月18日(日)
 午前中、季節はずれではあるが障子を張り替える。
 1年以上前から破れてぼろぼろになっていたのを放置していたのだ。
 外からも見えるし、あまりもの貧乏臭さに、自分のものぐさに呆れながら張り替える。
 なんとか上手に張替え終了。
 夜は伊賀オケの練習。前中合奏。
 練習後、たーさんところに集まってたこ焼き会。コンマスとフルート1stも集まる。
 次回の選曲などについて語り合う。
  前プロ モーツアルト「劇場支配人」
  中プロ モーツアルト「プラハ」
  メイン  ベートーベン「バイオリン協奏曲」
 などというのはいかがであろうか。
 
 途中、中秋の名月を眺める。

 ※「中秋の名月」で検索したらこんな記事がありました。
 こよみのページ内 中秋の名月はいつ? (旧暦の十五夜は満月か?)
 満月にならないことのほうが多いし、天気も悪いことのほうが多いなんて意外。
 今年の中秋の名月はばっちり満月だったようです。  

 日付が変わったころ解散。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思考再開?

9月17日(土)はれ
 日中はかなたの小学校の運動会。
 日差しは強かったが風がさわやかでいい運動会日和だった。
 車で来るな、といわれているのに車で来て路駐する保護者にあきれる。
 そういう保護者をみてそだっているのだよ。こどもたちは。
 よるはTねやんにチケットを譲っていただいた、「gonna」の公演を津に見に行く。
 マリンバ+和太鼓4人、計5人のアンサンブル。
 イタリアンレストランでのライブ形式の公演だったのだが、入場料金3000円でフリードリンク、イタリアンのバイキング付。利益は出るのだろうか(おそらく持ち出しだよ)と、他人事ながら心配になる。
 
9月16日(金)はれ
 夜は串揚げ家さんで飲み会。
 皆様の前向きなぼやきを聞く。
 Mばたさんと焼酎のボトルを二人で1本あけてしまう。
 翌日Yまださんから、「Mばたさん、帰り際の記憶がないっていってました」とメールが来る。
 そういえばずいぶん楽しそうだったけど、覚えてないのかあ。

9月15日(木)
 午後は津で会議。
 月火水とすっとばして仕事をしていたので、一休みするために車ではなく電車で出張。
 往復の電車の中で、「おめでとう」(川上弘美)を再読。「死なないでいる理由」(鷲田清一)を購入から3年以上経ってようやく読了。
 「死なないでいる理由」の中の長田弘の文章の引用「見えているが誰も見ていないものを見えるようにするのが、詩だ」、一度読んだことがあるはずなのにすっかり忘れていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本三大サンバ

9月14日(水)
 残業のあと、ぽれぽれ家で飲む。
 日本三大サンバを決める。

 1 お嫁サンバ
 2 てんとう虫のサンバ
 3 マツケンサンバ
 
 2はサンバなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事三昧

9月13日(火)
 一日中資料作り。
 頼まれると、かなり無理なことでも「やってやろうじゃないか」と思うのがいかんのだろうか。
 残業す。
 珍しく職場に一番最後までいた。かなり久しぶりかも。何年ぶり?

9月12日(月)
 UHEの練習があるにもかかわらずぎりぎりまで残業。
 UHEの練習ではギャレー(ガレ)の三重奏を音出しして見る。

9月11日(日)
 朝一番に総選挙の投票に行く。
 夜は伊賀オケの練習。

9月10日(土)
 夕方から青山ホールに行きチケット・ポスター・ちらしの仕分け。
 夜は練習。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怠惰モードもそろそろ終了

9月9日(金)
 怠惰モード継続中。
 午後から県民局で会議。
 しかし、怠惰モード継続はままならぬ状況になってきて、残業。
 これにて怠惰モードも終了か。


9月8日(木)
 怠惰モード継続中。
 午後から審査会。
 夜はUHEの練習。
 4人そろったのだが、途中でKさきさんが痛風発作(だと思う)で演奏困難となり、早退。
 かなり痛そうだった。
 摂生せねばならんなと思う。
 残った3人でトリオをさらう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何もしない二連休

9月7日(水)
 台風はどうやら伊賀地方には大した影響を与えずに離れているようである。
 ここ数年の台風は近くを通っても伊賀地方にはあまり影響を与えない。盆地だからか。
 起床後、怠惰モード炸裂し、仕事を休む。予定外の連休である。ダメ人間である。ダメ人間であることを楽しんでいるふしがあるが。
 少しやる気が起きてきたので、部屋の書類などを片付ける。
 73.4 25.3

9月6日(火)
 休みをとったものの、台風接近。
 見に行こうと思っていた映画も、最も近い京都での上映もその次に近い神戸での上映も終わってしまい、(現時点で浜松が最も近い上映場所)見に行くのを断念。
 極力何もしない、何かしなければいけないなどと考えない日にする。

 久しぶりに体重測定と体脂肪測定を再開。
 74.5 25.3
 これはいかん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

叔父死す

9月5日(月)
 本当だったら休むつもりであった月曜日だが、変更して出勤。
 今日が期限の資料をでっち上げて提出。
 明日の休暇を取る。

9月4日(日)
 午後から叔父の告別式。
 いなかの葬式は、いなかのルールに従って執り行われるのであった。
 葬式は生きている者のためのものである、というあたりまえの事を再確認。
 弟も参列するために京都からやってきたので、久しぶりに少ししゃべる。

9月3日(土)
 神戸市立布引ハーブ園にて本番。
 ホミリウスの四重奏曲。
 なかなかよくできたのではないかと思う。

9月2日(金)
 朝、入院していた叔父が死んだとの連絡が入る。
 享年55歳。
 いろいろ考えながら出勤。
 午前も午後も担当の仕事を抱えていたのだが、月曜日休むつもりだったのをキャンセルし、余裕を作って夕方から叔父の姿を見に行く。
 1ヶ月ほど前に父から、叔父がもう危ない(この夏を越せない)ので、一度見舞いに行くようにといわれており、一人で仕事帰りに見舞いに行った。
 そのときの叔父があまりにも老化した姿であったので、それ以来見舞いにも行けなかったのだった。
 もう動かない叔父の姿は、実年齢には似つかわしくない、老化した姿だった。

9月1日(木)
 練習寸前まで仕事。
 夜UHEの練習。土曜日の本番に向けて最終の練習。

8月31日(水)
 あわよくば午後半休して映画を見に行こうとたくらんでいたが、たくらみは失敗に終わる。
 一日仕事。残業付。

8月30日(火)
 午後、隣の市の市役所で会議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »