« 心理つながり | トップページ | 「区切る」こと »

週末合宿詳細

7月3日(日)雨
 猛烈に眠い目覚め。
 救いは前夜飲み過ぎなかったこと。
 朝食を食べ、「9時から練習」ということなので、ホールで自席に座っていたのだが、10分たっても15分たってもチューニングも合奏も始まらない。
 訳分からんので団員に聞いてみると、「9時30分まではウォーミングアップで、9時30分から合奏」とのこと。
 だったらそう最初っから言ってくれよ。
 団員にとっては「暗黙の了解」かもしれないが、外部から賛助で来ている人間にとっては「?」という状態である。
 おどろいたことにこの団には合宿のスケジュール表というものが存在しないのである。
 合奏はなんとか9時30分過ぎに始まる。しかも「基礎合奏」から。
 しかーし。その合奏も30分程度ですぐ終わり、また分奏に分かれるとの連絡。
 そこでまた次の分奏が何分から始まるのかは連絡なし。
 (思わず立ち上がって「次の分奏は10時30分から開始です!」と叫びそうになる。)
 ここにいたって、ようやくこの団体の問題点がクリアーに言語化できたので、それを団員(ワタクシをこの団にお手伝いに来るように誘ってくださる人々)に伝える。

 問題点のまとめ
 「練習計画」がないのである。
 (練習を効率的に進行するという意味での)「インスペクター」の機能(を果たす人)がないのである。
 これって、すぐ改善可能だと思うけどな。
 いくら中心メンバーが頑張ったって、出席率悪い人は(その理由のいかんに関わらず)悪いし、練習しない人は練習しない。楽器が下手な人が、中心メンバーがはっぱをかける事で上手になるわけでもない。そんなことの改善に限られた労力を割く必要はまったくない。
 だけど、練習計画をきちんと立てて、それをきちんと連絡して、徹底してその通りにやっていくことは、練習参加者の多い少ない、技術の上手い下手をとりあえず度外視して取り組めることだと思う。
 これで変わらなきゃ、ワタクシはもう手を引きます。

 16時まで合奏をして、撤収。大雨の中を帰る。
 疲労困憊のあまり衝動的にぽれぽれシェフをお誘いして焼肉を食いに行く。
 気分回復のため、N響アワーを聴きながら眠ってしまう。超快速テンポのシューマンのライン(パーヴォ=ヤルヴィ)はちゃんと聴いたら面白そうでもったいないことをした。
 

7月2日(土)雨
 午前中保育園の七夕会。
 午後からエキストラでコンクールを手伝う某吹奏楽団の合宿に参加。
 自由曲はコープランドの「アパラチアの春」。名曲である。 
 分奏は自分の一番好きな部分の和声を一つ一つ確認したり、アーティキュレーションの統一を図るもので、非常に有意義だった。
 夜、練習後みんなで飲んでいたのだが、途中で団の運営をめぐって「激論」(「論」ではないか)になってしまい、寝たのは3時。
 なぜか外部の人間である僕が、「明日も早いし、このへんでもう寝ましょう」と、強制終了する始末。
 外部の人間がそんな重要な役割を引き受けてしまうことじたいが、その集団の危機的状況をよく表現していると思う。
 勝手にそんな大役を果たしてしまい、疲れて意識を失うように入眠。

|

« 心理つながり | トップページ | 「区切る」こと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18112/4830195

この記事へのトラックバック一覧です: 週末合宿詳細:

« 心理つながり | トップページ | 「区切る」こと »