« 梅雨間近 | トップページ | 日常生活圏域とは »

介護予防研修

6月10日(金)
 日中は事務仕事。
 日常生活圏域(日常生活圏域については、次の記事を見てください。)ごとの障害を持っている人の人数をその等級と年齢ごとに集計して行く。
 (ってほとんど若い子に頼んでやってもらったのだけど)
 夜は介護予防についての研修。
 保健師さんの定例の研修会の企画に、うちのボス(課長ですが)が「介護予防」というお題を持ち込んだかたち。
 介護予防の命運は保健師さんが握っているので、ボスも力が入るわけである。
 参加者は県内各市町村の保健師さんが40名ほど。事務職はちらほら。
 こういうところにやってくる事務職はなかなかのものであろう。 
 厚生労働省の介護予防市町村モデル事業を行っている生駒市の保健師さんを講師に迎える。
 講師の方は保健師になってまだ10年。それ以前は銀行員をしていたという。
 能力の高さを感じさせる人だが、必要以上に押し出しが強くなくて好感を持った。
 県民局のK氏が(保健師でないのに)ちゃんと出席していて、その感覚のよさに改めて敬意を抱く。
 研修終了後職場にもどる。
 社協T氏にお誘いを受けていたので、串揚げはしもとにてボスの息子夫妻らと一献酌み交わす。

|

« 梅雨間近 | トップページ | 日常生活圏域とは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18112/4506320

この記事へのトラックバック一覧です: 介護予防研修:

« 梅雨間近 | トップページ | 日常生活圏域とは »