« 衣替え | トップページ | インペクとは何ぞや »

ものいい

6月2日(木)
 午後認定審査会。
 夜、ぽれぽれ家で飲む。
 現在都響事務局勤務のC女史が、上司を連れて営業に上野に来たというので一緒に飲む。
 上司は元チェリストのすばらしく素敵なおじさまであった。名刺交換す。
 よく飲んで帰宅して後、内田樹のブログを読む。
 精神科臨床に関して、思想の違いを感じる。言語化したいなあ。
 わたしゃ医者じゃないから、そんなつもりもないけど。 
 スピリッツの読者層の限定の仕方がすでに誤りかと思う。

|

« 衣替え | トップページ | インペクとは何ぞや »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

トラックバックを読んで見ると、内田氏が考えているスピリッツの読者層と、実際の読者層とは相違があるようです。
分かった上でやっておられるのかどうかは判断つきかねますが。いずれにしても(ここからはワタシの独断です)内田氏の考えは「スピリッツでは名越先生がそういう集団治療をしているのだから、ニートと呼ばれる諸君はぜひその治療を受けてほしい」ということなのでは。
あとは名越先生のようなマスコミ露出が多い「精神科医」はあまり好きではないという個人の好き嫌いの問題であります。

投稿: にか | 2005/06/07 18:47

読んでみました、内田氏のブログ。小生、通常内田氏の著作は結構愛好している方だと自覚していますです。
でも今回のは(ご指摘のとおり)なんかようわからん記述だと思いました。今「スピリッツ」ってそうゆう雑誌になったのか?・・・とかつての愛読者なら誰でも思うだろうね。少なくともかつてのあれは男性限定雑誌ではなかったように思います。
でもこの内田氏の文章全体がよく理解できていないので、自分としてはここだけにツッコミをいれても不毛な気がする。。。その他の部分にはコメントしづらいです。。。

投稿: かわうそ | 2005/06/04 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18112/4387688

この記事へのトラックバック一覧です: ものいい:

« 衣替え | トップページ | インペクとは何ぞや »