« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

会議の必要性・基礎練習

5月30日(月)はれ
 一日中事務仕事。
 昼休み、公園で昼食をとるのが救い。
 小雨がぱらついたのだが、木陰のベンチに座っていたのでぬれずにすんだ。
 ぼんやり雨がふるのを眺めていたが、周囲に誰もおらずその風景を独占していると思うと贅沢な気分がした。
 定時後課内会議。情報伝達なら資料配布やメール配布で済むと思うのだがいかが。
 夜は久しぶりに津道場でUHEの練習。
 基礎練習&ゼイフリートの曲作り。
 基礎練習は例えば、4人でF音階の上行・下行を行う。
 (1st、3rdと2nd、4thでオクターブずらす)
 四分音符=58ぐらいで、四分音符×1、八分音符×2、16分音符×4、四分音符×1(これで4拍あるよね)。 (ドー、ド・ド、ドドドド、ドー)って感じです。
 最初はmfで単純に。2回目は2拍目と3拍目の最初の音だけアクセントで、3回目は全体をフォルテにして、さらにアクセントをつけて、などといろいろバリエーションを変えて行く。しかも1,2と3,4のコンビで交互に、とか。
 ピッチ、音量、音色、音の入り、切り、音形をそろえて行く。
 1時間ぐらいすぐ過ぎてしまいます。ほんとはいろんな音階でやりたいのだけど。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駐車料金と都会性

5月29日(日)
 朝から少しだけオケ関係の雑事を片付ける。
 雑事終了後平成榛原こどもの森公園、というところに出かける。
 なぜに「平成」なのかは不明。
 奈良ナンバーや大阪ナンバーの車が多く、けっこうな人出であった。
 駐車料金500円というのをみると、都会に近いのだなと感じる。
 夜は伊賀オケの練習。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声は腹から出せ

5月28日(土)はれ
 朝起きるとのどが痛い。
 なんでかな、と思ったら昨日2時間講師をしたからであった。
 久しぶりに講義をしたので、お腹から声を出すのを忘れていてのどに負担をかけてしまった。
 昼食、市内に最近できたインド料理屋さんに行く。
 カレーとナンを食べたのだが、おいしかった。ナンもきちんと注文を受けてから焼いているようだった。
 数日前に残業のことについて書いたのだけど、そのことについて「読んだよ」と複数の人に声をかけられた。
 直接声かけてくれるんだったら、コメントも書き込んでくれればいいのに、とも思う。
 でも意外と読まれてるなこのブログ、と思うと少しうれしくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研修講師

5月27日(金)
 午後から2時間ほど、裁判所の調停委員さんの研修で講師を務める。
 お題は「生活保護の基礎知識と現状」。
 今の職場に異動する前に引き受けたのである。
 任意の研修なので、聴きに来ていただいた方はみなさん熱心に聴いてくれた。
 自分より年長の方に熱心に聴いていただくというのはとてもプレッシャーであったが、とてもやりがいがあった。
 裁判所の判事(=裁判官)も2時間まるまる聴いてくれたので、プレッシャーはさらにかかった。
 基本的に小心者なもので。
 同じような内容ですでに2,3回ほど講師をしてきたが、毎回悔いが残る。
 「生活保護」に対する自分の思い入れが強すぎて、「基礎知識を伝える」という点では空回りする部分が多かった。
 大学の講義およそ8コマ分ぐらいを凝縮しているという自負はあるのだが。
 いまだったら「介護保険制度の改正とその方向性」についてしゃべるほうが、上手に話せると思う。
 たとえ介護保険制度についての知識のほうが少なくても。
 介護保険制度に対する「熱い思い」というのは、まだ自分の中に醸成されていないから。
 ただ、上手に体系的に話したことと、思いが強すぎて空回りして、行きつ戻りつ話をしたことと、どちらが聴き手に伝わるかはまた別の問題なのだ。
 ただ今回は知識だけでなく、自分がこれだけはしゃべろうと思った、「思い」の部分もいくつもしゃべり損なっていて、まだまだだなと思う。
 そんなことをいろいろと考えることができるだけでも、こういう機会を与えてもらったことはとっても幸せなことだと思う。
 近日中に当日のレジュメアップいたします。
 自主的にぽれぽれ家で打ち上げる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼイフリート・ブルックナー

5月26日(木)
夜はUHEの練習。
5人そろってシェフ宅で練習。
しかしシェフ宅には5人分の椅子はないので、みんなで持ち寄る。
楽器の練習というものはいろいろな困難がつきまとう。
ゼイフリートをさらう。名曲である。
五重奏でこれだけ充実した音楽というのがすばらしい。
五重奏で書いた必然が分かる。四本では足りないのだ。
ホルンという楽器の特質を理解した音楽だと思う。
僕が一番ほれ込んでいるのは4楽章なのだが、この曲の全体の構成及び雰囲気、特に終結部はブルックナーのシンフォニーの2楽章と類似するところが多いと思う。
そのことをUHEメンバーに熱く語ってみた。
僕にとってブルックナーの5番がどれほど大事な交響曲なのか、力説しても伝わらないことは少し悲しい。
いい作品なんだから。聴いて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年中こんな気候ならいいのに

5月25日(水)はれ
 晴れていて、気温も低め。空気も乾燥していて気持ちいい。
 昨日に引き続き自転車で出勤。
 昼休みは公園のベンチに寝転がりながら読書&昼寝。
 仕事が終わってから、ぽれぽれ家に立ち寄り、生ビールジョッキ一杯立ち飲み。
 うまかった。一杯だけ飲んで撤収。
 空気がほどよく乾燥していると、気分がいい。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域福祉計画

5月24日(火)はれ
 昼休み、2週間ほどの虫干し期間が終わり、久しぶりに図書館が開館したので、通信教育のテキストを借りに行く。
 意外なほど来館者が多くておどろいた。
 19時30分から地域福祉計画策定のための会議。
 100人ほどの公募で集まった「テーマ別委員」さんに混じって参加。
 21時30分すぎまで。
 参加の皆様おつかれさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定時退庁・残業・罪悪感

5月23日(月)
 がしがしと仕事。
 定時退庁。
 退庁間際に知り合いのワーカーさんが来て、
 「役所は定時に帰れていいよね」といわれる。
 別に言われた本人は嫌味で言ったのではないと思う。
 (嫌味だったのかも。鈍いので分からない。)
 「定時に帰ること」に罪悪感を感じなくてはいけないとはまったく思っていない。
 そういう罪悪感(とそれを生み出す構造)が精神の病気の原因の一つ。
 役所の人間のほとんどが毎日残業するようになったら、世も末だと思う。
 そういう「余力」は災害などの時にとっておかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日の午後だというのに

5月22日(日)くもりときどきあめ
 少し遅めの起床。
 二日続けて、朝食はカレー。
 ワタクシは休日の朝ご飯、レトルトカレーを食べるのが大好き。
 レトルトカレーでカレーうどん作るのも好き。ちょっと麺つゆいれてカレーをのばすのだ。
 なんで休日の朝なんだろう。二日酔いの時もカレーが食べたくなるが。
 午後、だらだらとパソコンの前に向かい、なんだかいらいらしながらオケ関係の雑務。
 6月5日(日)のミニコンサートの進行表、実施要項、参加者リスト、プログラム、チラシ、報道機関用掲載依頼文、などをぶつぶついいながら作る。周囲のものはまったく迷惑な話である。
 夜は伊賀オケの練習。tuttiのあとアンサンブルの練習をして、少し遅くなる。
 帰り道、なんだかいっぱい信号に引っかかってしまった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Tシャツ変色。

5月21日(土)
 午前中、風呂の換気扇を掃除し、カビキラーをする。
 紺色のTシャツを着ていたら、たれてきたカビキラーと反応して、変色してしまった。
 もしかしたらそうなるかな、と思っていたので少しくやしい。
 しかしくやしがっていても仕方ないので、 「そういう柄のTシャツなの」と言い張って、今後も着る事にする。
 家事をして、昼食にビールを飲みつつ、自分で作ったチャーハンを食ったらすっかり満足してしまい、2時間も昼寝してしまう。反省。 
 昨日までのお気に入りはブルックナーの8番だったのだが、今日あたりからモーツアルトの38番&39番に移行。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛ましい事件

5月20日(金)
 仕事中、インターネットのニュースで、生活保護についての相談を受けていた長崎市の職員の方が刺殺されたというニュースを知る。
 また、別の話ではあるが、7割の児童相談所で職員に対する暴行事件が起きているという調査結果も出ている。
 援助職の仕事は、相手を(一応)信頼・信用している、という前提で行動することが多いので、とっさの時の身を守る動作がどうしても鈍くなってしまう、というジレンマを抱えている。
 常に意識している必要はないけど、最悪の事態も頭のどこかに想像しながら仕事をせざるを得ない。
 さっきまで笑顔だったのに、いきなり怒鳴りだす、ということは経験している方が多い。
 今回の事件は加害者が絶対的に悪であって、殺された被害者には何の落ち度もない。
 生き延びる為には最悪の事態を想像することが必要だ。
 亡くなった方のご冥福を祈るとともに、その方のためにも生き延びよう。


(参考)長崎の事件について
http://mytown.asahi.com/nagasaki/news01.asp?kiji=4801
http://www.mainichi-msn.co.jp/search/html/news/2005/05/20/20050520ddg041040010000c.html
(参考)
児童相談所職員への暴行について
http://www.asahi.com/national/update/0520/TKY200505200295.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲酒スイッチオフ中

5月19日(木)
 午前中のうちに懸案の書類を県に提出。
 午後は認定審査会。
 疲れていたので夕食をぽれぽれ家でとる。
 少ししか飲まなかったけど、食べ過ぎた。

5月18日(水)
 予定していたUHE練習が中止となり、精神の勉強会に参加。
 「人格障害」とされるケースの事例検討。
 スーパーバイザーがほしいと痛感。
 そのあと勉強会メンバーの誕生日ということでぽれぽれ家に行く。
 スタート時間が遅かったのと、人数の多さに少し疲れてしまい、早めに失礼してしまった。

5月17日(火)
 午後、在宅介護支援センターについての会議に代打で出席。
 行政の役割って何だって再考する。
 参加者のいらだちがこちらに伝わってきて、ものすごい徒労感のある会議であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エクセル・アクセス・Eメール

5月16日(月)すずしいはれ
 朝は寒いぐらいの涼しさであった。
 朝ぎりぎりまで布団の中で過ごす。
 今日はこんないい天気だったのに、一日中提出資料作成のためパソコンに向かう。もったいない。
 自分のパートはほぼ完成。
 エクセルやらアクセスやらつかってデータ処理をしなくてはいけない(市内の各地区ごとの高齢者のいる世帯、高齢者単身世帯、高齢者夫婦のみの世帯の世帯数を集計する)のだが、自分より若い職員に頼んで、そのかたわらで作業をにこやかに見守ってしまった。
 数年前なら自分でどうやろうか勉強しようという気にもなったのだが、すでに戦意喪失。
 パソコンに関しては急速に新しいことを覚える動機付けが減少している。
 なんだかすっかりおじさんである。
 まあ、職場には僕よりパソコン能力の高い職員がいっぱいいるのだから、パソコンに関してはその人たちの能力を活用すればいいのである。
 僕の能力はそのほかのところで活用する予定なのだが、さてその機会はあるのか。
 仕事が一段落してほっとしたところに、某C福祉事務所のH氏から七月の中旬頃、合併経験生保ワーカーとして社会福祉士会の会合でしゃべってくれい、とのメール。
 H氏には私が異動したことは伝わっていなかったようなので、すでに現職生保CWではないけどいいですか、と返事をする。
 しゃべる機会を作ってくれるのはありがたいことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省の日曜日

5月15日(日)
 圧倒的な二日酔い。
 半日つぶしてしまう。
 反省。
 今週は二度も飲みすぎてしまった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲酒スイッチ入る

5月14日(土)
 夕ご飯をぽれぽれ家にて食べていたところ、職場のボスの長男夫妻と次男が3人で飲みに来ていた。
 長男夫妻は二人とも福祉関係者なので顔見知りなのである。
 最初は別に飲み食いしていたのだが、途中から合流。
 T氏にもお誘いのメールをいれて、T氏も途中から合流。
 こどもたちが一緒にいなかったせいか、途中でスイッチが入ってしまい、ついつい飲みすぎてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13日の、、、

5月13日(金)はれ
 20日が締め切りの資料作りにいそしむ。
 うちの会社、今年の4月から始まった福祉関係のとある事業について、補正予算が取れずに5月になってから、4月1日にさかのぼってその事業を「なかったこと」にしようとしていたことが判明。
 なんとか事業が継続できたようなのだが、決着するまでずいぶんどたばたしたらしい。
 呆れるやら情けないやら。
 もし「なかったこと」にしてたら抗議の退職してたかも。そのほうがよかったかな。

 今日起こった悪いこと。
 職場で電話をしながら机の反対側に行こうとして、床に置いてある箱につまづいてこけた。痛かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雷雨と霧

5月12日(木)はれのち雷雨
 午前中は県提出の資料などを作成。
 午後は審査会。
 夜はUHEの練習。
 待望の新メンバー加入。大学2年生でまだ10代の女の子。
 たーさんはもうすぐ40だというのに。
 5人そろったのでゼイフリートを練習。
 練習帰りに霧が出ていて驚く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休明けた

5月11日(水)はれ
 二日酔い&睡眠不足。
 だけど一日きちんと仕事した。えらい。

5月10日(火)はれ
 午後、福祉有償運送のことで県の人が二人やってくる。
 県の人の前で、市役所のどの課が主管課になるかどうかの押し付け合い。
 みっともないことこの上なし。恥ずかしかった。
 仕事の後、S子に誘われてのみに行く。
 軽く済ませるつもりであったが、のみすぎてしまう。
 「飲むぞ」って気合いれて呑みに行ったときには大して飲まずに、軽い気持ちで飲みに行ったときのほうがたくさん呑んでしまうのはなぜ?
 日付が変わった後に帰宅。
 ブラームスのセレナーデを聴きながら入眠。

5月9日(月)はれ
 連休明けではあるが、比較的軽い気持ちで出勤。
 降水確率0%だったが、夕方強い風を伴う雨が降る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベートーベン七重奏の夜

5月8日(日)はれ
 朝食後、シェフ宅畑で畑仕事。
 シェフはツーリングにいったらしく不在。
 畑から出てきたミミズの蠕動(こんな漢字なんだ)運動を観察し感動。
 午後、アマゾンで社会福祉研究関係の本を2冊注文。本腰入れて見る気になっているらしい。
 夜は伊賀オケの練習。
 パート練習ではSセンセイとマンツーマンでベートーベンの七重奏の練習。
 センセイはセンセイであって音楽家ではないのだな。
 tuttiのあと、居残りでふたたび七重奏の譜読み。Fgのみ欠ける。
 やはりいい曲である。もうほとんど交響曲の風格である。
 (ブラームスのセレナーデ1番をほうふつとさせる。こんなところまで真似たのかブラームス。楽章の多さまで。)
 居残り練習を終えていつもより遅くホールを出ると、かえるの大合唱。うちのオケのtuttiより上手?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新緑

5月7日(土)雨のちはれ
 10時過ぎまで眠る。おかげで風邪も抜けた。心気症的なものか。
 昼前から雨が上がり晴れてくる。
 空気中のチリが少なくなっているせいか、新緑が目にまぶしい。
 植物の色の鮮やかさは、田舎に住むゆううつを紛らわす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休の谷間 雨

5月6日(金)あめ
 二つめの連休の谷間である。
 人によっては昨日の5日までを連休とし、明日明後日は普通の土日とみなす人もあるかもしれないが、これだけ連続しているのだから、4月28日から5月8日までが連休というものであろう。
 そして、その二つめの谷間、出勤しようと思っていたのだがのどが痛い。熱を測ると若干平熱より高い。無理をおして出勤してこじらせるのも馬鹿らしいし、なによりも無理に出勤して今日片付けなくてはならないような仕事もないため、一日休むことにする。
 身体のほうは時々妙な寒気がやってきて(筋肉痛は昨日の登山のせいだが)、なんだかいやな感じだが起き上がれないほどでもない。
 朝から洗い物や洗濯をだらだらと片付け、その間にたまっていたブログ日記(これだ)を書き、パソコンのゲームに興じた。
 必須の家事を片付けた後は横になりながら、池田清彦先生のエッセイを読む。本当に久しぶりに一人の時間であった。
 一人の時間はあっという間に過ぎてしまった。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんとに霊山登山

5月5日(木・祝)はれ 
 5月1日に雨天で断念した霊山登山に再チャレンジ。
 1日と同様、大阪市立伊賀青少年野外活動センターの入り口近くまで車で向かい、そこからスタート。
 およそ1時間ほどで霊山山頂へ。
 山頂付近にはその昔、大きなお寺があったらしいが、跡形もない。
 山頂からは旧伊賀町が一望できる。反対側からは青山の風車群も。
 山頂で昼食をとり、1時間ほど過ごした後、下山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農作業

5月4日(水)はれ
 昼前からシェフ宅の畑を開墾。
 ほんの少し「鋤」で土をおこしただけなのに、筋肉痛である。
 作業をはじめたのが遅かったせいで、正午近くの太陽の強烈な紫外線を浴びて、暑いことこの上ない。
 やはり農作業は早朝にせねば。って昨年も思ってたのだけど。
 その後シェフ宅のデッキで簡易バーベキュー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弟夫婦遊びに来る

5月3日(火・祝)はれ
 京都から弟夫婦が出てきたので、祖母宅でおもてなし。
 夜はいっしょにぽれぽれ家へ行く。
 弟夫婦は二人ともお酒は飲めないので、一献酌み交わすというわけには行かないのだが、いろいろとしゃべった。
 弟といろいろと話すようになったはのは、最近のことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休谷間

5月2日(月)はれ
 ぼーっとしたまま出勤し、ぼーっと仕事をして、何事もなく退勤。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霊山登山

5月1日(日)くもりのちあめ
 前日すでに、午後から雨の予報ではあったのだが、まあ行けるだろうと考えて登山を強行。
 結果、登山口まで行った所で降雨コールド。
 そのまま、白藤の滝の前にある小屋で雨宿りをしながら昼食。
 午後はシェフやN森さんの知人の陶芸家の自宅に行き、陶器を眺める。
 シェフとオーナーは店で使う陶器を買い付けていた。
 それに横から「これはソーメンがあうんじゃないの」などと、適当に口出しするのであった。
 夜はシェフ宅で夕食。
 N森さんが購入し、ずっととっておいた鮒寿司をあけたのだが、それほどの臭いではなかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »