« 12事例検討 | トップページ | 鰹、鯨。 »

介護支援専門員資格取得

3月4日(金)ゆきのちくもり
 天気予報は雪。今日は津で介護支援専門員実務研修の最終日。
 前日に「雪が降ろうが遅刻欠席は厳禁です。その場合は研修修了証書〈=資格〉出せません」と県の担当者におどかされていたので、早起き。
 外を見て見ると、予報どおり雪が降っている。でも路面に積もっていはいない。
 通行止めってことはないだろうけど、(研修会場の県庁までは片道1時間弱の道のり)道が混んでいては困るので30分ほど早く出る。
 結局、道も混んではおらずスムーズに走れた。
 早着しそうだったので、途中のコンビニで時間調整し、研修会場入り。
 午前中は、昨日検討した12事例から1事例をピックアップし、ケアプランの再検討。
 なかなかよい事例だった。
 ・事例提出者が実は主たる介護者。
 ・現在レンタルのみサービス利用でこれから訪問・通所系のサービスを利用「させたい」。
 ・認知症あり。
 ・下肢筋力低下による歩行困難あり。
 ・要介護3程度と推定される。
 といった事例だった。
 事例提出段階では介護者の思いが強いプランであったので、たくさんのサービスが計画されていたのだが、再検討でかなりシェイプアップされた。
 午後は模擬サービス担当者会議。
 ケアマネージャー、本人、家族(介護者)、主治医、サービス提供事業者(ヘルパー、デイサービス)などの役割でロールプレイ。
 サービス担当者会議というのは、ケアマネが行わなければならない必須の業務として上げられていて(指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準第13条9号)、たてまえとしては、ケアマネが作成したケアプランの原案を本人家族、それぞれの専門職を交えて最終検討し、本人家族の同意を得て、サービス事業者間の調整を図るのが目的。
 ロールプレイでは、ケアマネ役をやらせてもらいました。
 なんだか、普段の仕事のような感じだった。
 ロールプレイを役割を変えて2回やって(本来ロールプレイは自分がやった役割と違う役割を2回目にやれると効果的なのだが、グループの人数が多すぎて2回目は観察役でした。本人役でごねてみたかった。)
 担当者会議のロールプレイの後、それぞれのグループで感想などをまとめて発表して、介護支援専門員実務研修のカリキュラムは全部終了。
 これだけで4月から働き出す人もいるのよね。と思うと、ちょっと怖いけど、基本的には5年以上の何らかの実務経験のある人たち。(だからこそ実務経験が前提となっている資格なんだろう)何とかしてしまうのだろう。
 意外と4月から働き始める、という人は少なくて、「とりあえず取っておきました」という人が多かった。
 最後に無事に研修修了証書と資格の登録書をいただきました。
 自分にとってははじめての社会福祉関係の公的資格を取ることができて(いまのところ数少ないソーシャルワークで仕事ができる資格、だと思っている)ほっとしました。

|

« 12事例検討 | トップページ | 鰹、鯨。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18112/3176261

この記事へのトラックバック一覧です: 介護支援専門員資格取得:

« 12事例検討 | トップページ | 鰹、鯨。 »