« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

生活保護ケースワーカー最後の日

 明日で介護保険課に異動なので、今日が生活保護ケースワーカー最後の日になる。
 職場はどたばたしていたし、仕事もきれいに片付いたわけではなく(まだまだやることはたくさん残っている)、引継ぎ訪問なども含めると2週間ぐらいは新しい所属と今までの所属をいったり来たりするので(明日の午後は入所の同行があるし)、すぱっと切り替わるわけではないけど、それにしても大きな区切りではある。
 今日まで通算8年間(そのうち約7ヶ月は育児休業)生活保護ケースワーカーをしてきた。
 客観的にいって、もう一度生活保護ケースワーカーをする可能性は低い。ゼロではないが。
 今の仕事に息切れ、行き詰まりを感じているとはいえ、一度は「天職である」とまで言い抜いた職を離れるのは、寂しい。
 横浜市の採用試験に受かるまで、「福祉」とはほとんど縁がなかった。大学で障害児とは関わっていたが、それはあくまで「心理」や「教育」の枠組みの中だった。生保といえば「生活保護」ではなく「生命保険」だった。
 8年前、横浜市に社会福祉職として採用されて、生活保護ケースワーカーとしてデビューした時は、毎日が驚きと不安の連続で、いつもいつも家に帰っても休みの日でも仕事のことが頭の中をぐるぐる回る感じだった。しばらくの間は一日も早くやめたいと思っていた。
 それでも今までこの仕事を続けられたのは、やはりこの仕事が好きだし、向いていたからだと思う。尊敬できるケースや尊敬できるワーカーに出会ったことも大きい。自分の感受性も今ほど鈍くなかった気もする。 「精神保健福祉」領域の仕事に出会えたことも大きい。
 だんだん、「自分の専門領域はソーシャルワーク」と考えるようになった。「心理」や「教育」より向いていると考えるようになった。
 横浜市での2年目、3年目の前半。そして4年目に面接担当となったころが、今までのところ一番いい仕事をしていたと思う。地区担当としては3年目の後半にはすでに少し息切れしていたようにも思う。
 3年前、横浜市から今の職場に転職した時点で、同じ生活保護ケースワーカーをすることができたのは、よかったこともあるし、悪かったこともある。
 よかったことはそれまでの経験を生かせたことだし、悪かったことは仕事の水準ややり方の違い、地域性の違いに不適応を起こして、やる気が続かなかったことである。
 本業での不適応を紛らわせるために、地域の関係機関の人たちとよく遊ぶようになってしまった。それはそれでよかったことであるが。
 新しい職場では介護保険事業計画がワタクシの仕事になるらしい。
 ケアマネも取ったことだし、「歩く生活保護手帳」から「歩く介護保険法」をめざしますぜ。
 しばらく現場の臨床から離れることになるのが一番寂しいが、どこかでそういうことに関わることも確保しながら、明日からいい仕事をしたいと思う。
 本当に、明日からは心を入れ替えていい仕事をします。マイペースにだけど。
 4月1日にはなってないのでうそじゃないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不良債権処理

 異動内示から実際に異動するまで1週間しかないので、片付けねばならない仕事をえいやっと片付けて、いらない書類をシュレッダーにかけたりして、なかなか日記まで手がまわらない。
 せめて異動先は分からなくても、「あなた異動しますよ」という内々示ぐらいは2週間前ぐらいにしていただけぬものか>うちの会社。
 異動初日の夜には夜行バスで上京し、2日のLVB管弦楽団の演奏会を聴きに行く予定。
 8年も続けた生活保護ケースワークから離れるのだから、少しは考えをまとめたり感傷に浸ったりしたいのだが、そんな余裕もない。
 なんだか、いつもこんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンチェルトシュトゥック

3月27日(日)はれ
 青山ホールにて、シューマンの4本のホルンと管弦楽のためのコンチェルトシュトゥックをピアノ伴奏で演奏。
 疲れました。もっと楽器を練習したくなった。
 4月から仕事も含め、生活全体を改善したいな。
 疲れすぎて思考がまとまらぬので、寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異動内示

本日異動内示がありました。
4月1日付で介護保険課に異動となりました。
何するんだろう?
ブログのタイトルも変えねばならぬか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐずぐずもーど

3月22日(火)あめ
 ぐずぐずしたやる気なしモードのまま仕事。
 激戦であるらしい市議選の選挙カーの騒音が神経を逆なでする感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吊り橋&梅

3月21日(月・祝)
 午前中、岩倉峡公園に行く。
 午後、月ヶ瀬梅渓に梅を見に行く。まだ満開ではないが、けっこう咲いていた。
 昨日、市議選が告示されたので、選挙カーがうるさいったらありゃしない。
 あれ、なしにできないかなあ。ポスターだけでも十分うっとおしいのに。
 税金使ってやるほどのことではない。
 選挙公報全戸配布するだけでよいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

客人去る

3月20日(日)はれ
 客人は9時50分の関西線で京都に向けて出発。
 家に戻って、しばらくしてテレビをつけると、九州で地震。
 午後はコンチェルトシュトゥックのピアノあわせ。
 立ったまま2時間以上吹いていたら、さすがに疲れた。
 今日は地下鉄サリン事件から10年。
 あの日は大学の卒業式であったのでよく覚えているのだ。
 学科の謝恩会が新宿南口のホテルであり、びくびくしながら友人のNと中央線でむかった。 
 なんだか雰囲気が騒然としていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

客人

3月19日(土)はれ
 大学のオケの後輩のI君が遊びに来るというので、午前中がんばって掃除・片付け。
 I君はもともと東京在住なのだが、仕事の関係で昨年の8月ぐらいから神戸に長期滞在。
 3月末で東京に戻ることになり、その前にということで遊びにきてくれるのだ。
 昼過ぎに、関西本線で到着。
 昼食を「わかや」でいただき、お城忍者屋敷だんじり会館というおきまりコースを観光。
 夜はぽれぽれ家でだらだらとすごした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年度末進行

3月18日(金)はれ・にわかあめ・午前中小さな地震
 昨日、新年度の生活保護基準のデータが電算に入力されたため、いっせいに4月1日付けの変更をかける。
 現在100ケースほど担当しているのだが、半分以上のケースは個別に入力が必要で、とりあえず一日中入力作業をつづける。
 以前の職場の時は締め切りまでに入力済ませて記録を書いて決裁にまわす必要があったのだが、(なので「基準改訂」というと、大仕事の代名詞だった)、今の職場はとりあえず電算への入力を済ませてしまえるので(それがまた記録が滞る原因だと思うのだが)、とりあえず、必要なケースの入力は済ませてしまう。
 どうしても今日の時点では入力できない2,3ケースを残して、入力は済ませてしまう。
 来週はがんばって記録を書かねばなるまい。
 家で久しぶりにマーラーの7番などを聴く。
 
3月17日(木)いちにちあめ
 岐阜県に車で出張。
 養老天命反転地の近くをとおる。
 一度行きたいと思っているのだけど、なかなか行く機会がない。
 一日中、雨降り。運転するにはちょっとやっかいだが、この時期の雨降りは好きである。
 春と秋の雨は季節の移り変わりを感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春は出会いと別れの季節

3月16日(水)
 朝は冷え込んでいたが、昼にかけてぐっと暖かくなる。
 夜は社協で精神の勉強会。ケース検討。
 いいスーパーバイザーいないかな。

3月15日(火)
 夜、ぽれぽれ家で相談ネット主催の裁判所M判事の送別会。
 広島高裁の刑事部に異動されるそうである。
 M判事のことは、「福祉事務所の生保CWに直接ケースを送り込んだ裁判官」として、私の記憶に永遠に刻まれることであろう。異動先でのご活躍を祈念。
 また、同じく裁判所のT書記官も異動。
 Tさんとは一緒に愛知県立大学まで遊びにいったのであった。
 裁判所の濃いキャラ二人がいなくなり、めっきりさびしくなるなあ。

3月14日(月)
 昨日、暖房料金をケチって寒いリハーサル室で練習したせいか、なんだか調子が悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノあわせ&発表会

3月13日(日)くもり時々雪
 昼前から文化会館のリハーサル室でコンチェルトシュトゥックの初ピアノ合わせ。
 なんとかなりそうな気配。
 その後かなたのヤマハ音楽教室の発表会を見に行く。
 エレクトーン6台から10台で合奏するのだけど、あれって楽しいのかなあ。
 好みの問題だけど、私はアコースティックの楽器の演奏のほうがいいな。
 電気的に増幅された音きいてると、疲れてくる。マイクで拡大された人の声も同じ。
 数年前東京の芸劇で、チェロ独奏と吹奏楽による協奏曲の演奏を聞いたのだけど、チェロの音がPAで拡大されていて、その曲を聴いていたら疲れてしまって、後半のプログラムを帰ってしまったことを思い出した。
 3月も半ばだというのに、一時しっかり雪がふっていてあわてる。寒かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手帳さがし

3月11日(金)
 大したことなく終了。
 ぽれぽれ家にのみに行こうと思ったが、貸切なのでおとなしく家に帰る。

3月12日(土)
 名張まで出かける用事があったので、ついでに書店で手帳を探す。
 横浜に就職して以来、7年間日本能率協会の「年度版プチペイジェムB6」というのを愛用してきた。
 4月始まりで、月間スケジュールが最初にあって、あとは見開きの左側に一週間の日付が入る。
 普段の生活で、土日にもけっこう用事が入る(下手したら土日のほうがたくさん用事が入る)し、仕事は大して忙しくないので(大体予定どおりにはいかない)土日と平日の区別がない(完全ビジネス用は土日の記入欄が狭くなっている)ので愛用していたのだ。
 ところが、この1年は1年間だけ、お金をケチって、最近評判の悪い職員共済会から配布された、無料の手帳を使ってみた。
 しかし、なんともしっくりいかないのだ。
 だいたい大して書くこともないのに、大きすぎるのである。
 なので、4月からまた以前の愛用のものを使おうと思い、市内の書店を探していた。
 ところが、市内の書店には見当たらない。
 今日名張に来て1件目に立ち寄った書店にもない。
 4月まで大都市に出る用事もないし、これだけ探しても見つからないなら仕方がない。
 と思って、前から目をつけていたプチペイジェムにほとんど似た仕様の高橋書店の手帳を購入。
 ところが、時間つぶしに立ち寄った名張のジャスコで、探していたプチペイジェム発見。
 間が悪い時はこんなものであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三重県観光連盟のポスター廃棄へ-中日新聞より-

 「三重県観光連盟のポスター廃棄へ-不快な表現と女性が反発-」ということになったらしい。中日新聞の記事はこちら
 以前から池波正太郎がそう書いている、ということはぽれぽれシェフから聞いていたのだが、新聞記事にまでなったので、思わず古本市場で出典となった「食卓の情景」を購入した。
 問題となった部分を読んでみたのだが、たいそう伊賀牛をうまそうに食べる様子が文章になっていた。
 (「金谷」で召し上がったらしい。地元民のワタクシもまだ行ったことがないのだが。)
 読んだら伊賀牛食いたくなるのだから、広告としては成功してるはずなんだけど。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「一生お酒を飲まない覚悟」 中西衆院議員が辞職会見 - asahi.com : 社会

「一生お酒を飲まない覚悟」 中西衆院議員が辞職会見 - asahi.com : 社会
たしかダルビッシュ君もそういってたよな。国会議員と今高校卒業しようという子のいうせりふが同じなのがおかしい。大人がおかしいのよね、この国は。
とかいいつつ、どっちに自分の歳が近いのか考えると、国会議員のセンセイのほうが近いのよね。自戒せねば。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しく多数派

3月10日(木)くもりときどきあめ
 今日の朝日新聞の伊賀版に次のような記事が出た。朝日新聞のHPには掲載されていないので、長くなるが一部抜粋して掲載する。
 「伊賀県民局は、04年度に県が実施した「一万人アンケート」をもとに、伊賀地域の住みやすさなどを分析した報告書をまとめた。それによると、将来も今の場所に住みたいと答えたのは56.3%で、県内9地域で最低だった。年代別では、20~40台が30%台にとどまり、県平均と比べて県外への移住意向度が著しく高いことが分かった。同県民局では、都市基盤の弱さや、関西圏との比較意識の強さなどを要因に挙げている。」
 一万人アンケートの詳細はこちら
 伊賀地域というのは現在私が住んでいる伊賀市と、隣の名張市を含むので、この結果が一概に伊賀市だけの傾向とはいえないのだけど。
 出て行きたい人のほうが多いんだ。
 珍しく自分が多数派に所属していることを発見。
 記事の最後に、 「伊賀市の幹部の一人は「若者だけでなく、働き盛りの40歳代までも居住意向がこんなに低いとは衝撃だ」と話し、市が現在進めている次世代支援対策での取り組みにも、考慮すべきデータと見ている」と書いてあるのだけど、この記事に衝撃を受けていることが衝撃だ。
 定住意向が低いのが役所のせいだけとは思わないけど、定住意向の塊のような「市役所の幹部」が、定住している人たちの意見を集めて対策考えてるだけでは、解決しないだろうな。
 しかし、「同じ三重県内でも、伊賀地方は住みにくい」、と漠然とあまり理屈は考えず感じていたのだけど、反面、どんな田舎でも住みにくいもんさ、とも開き直っていた。
 これだけ数値ではっきり結果が表われると、さすがに少しはショックだな。生まれ育った人間としては。そういう自分も出て行こうとはしているのだけど。なんなんだろう、この住み難さは。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

話しをすること

3月9日(水)はれ
 午前中、事務仕事。
 昼間、久しぶりに九庵でカレーうどんの大辛を食べる。その後、お城の周辺を散歩。
 午後から数件訪問。
 夜、ぽれぽれシェフ宅でUHEの練習。
 先日N響アワーで放送されたシェックのホルン協奏曲の話しになる。
 あの曲の大変さはホルン吹きでなければ分からないだろうという意見で一致。
 練習終了して、撤収し始めたところ、オーナー&シェフが帰宅。
 今日は早じまいできたらしい。
 自分だけ少し居残って、雑談して帰宅。
 
 昨日どたばたしたことについて、話しをすることができて、少し軽くなる。
 仕事上のことについて深く話しをできないことになれてきたつもりではあったが、やはりヘビーな出来事は自分だけでは消化できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どたばたと

3月8日(火)はれ
 朝出勤したら警察から電話。
 詳細は記せないが、一日警察に行ったりしながら、その合間をぬって新規の訪問をしたり、どたばたと過ごす。
 さすがに少しくたびれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春めいてきた

3月7日(月)はれ
 朝は冷え込むけど、太陽の光はかなり春めいてきた。
 午前中は事務処理。
 先週の木金とケアマネの研修で不在にしていたのだけど、研修終了後時間外に立ち寄り、メモや判子を押すだけの書類は処理してあったので、研修不在の影響はほとんどなし。
 午後から社協でケースカンファレンス。
 夜はぽれぽれシェフ宅に紀伊半島旅行のお土産を届けて、いっしょに夕食がてら飲む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯱、鮪。

3月6日(日)くもり
 町営宿舎で朝食をいただき、徒歩で「くじら浜公園」へ。
 アシカショー、イルカショー、シャチショーがあって、大人でも十分に半日は楽しめる。
 中でもシャチショーは圧巻。
 自然の入り江を仕切ってシャチを飼育していて、その体長6メートルもあるシャチがジャンプしたりするのだ。
 すごい迫力であった。
 くじら浜公園を楽しんだあと、熊野交通のバスで紀伊勝浦に移動。
 駅から歩いて5分ほどの店で、昼食に鮪料理をいただく。
 そんなに高くない鮪だったけど、確かに甘くておいしかった。
 昼食後、次のスケジュールで移動。
 紀伊勝浦14時31分 津 17時19分 ワイドビュー南紀84号
 津     18時05分 亀山   18時25分
 亀山   18時32分 伊賀上野19時12分
 紀勢本線に乗りながらうとうとしつつ思ったことは、「もう一度普通列車でここを通りたい」ということと「日本国内の鉄道全駅下車を達成した横見浩彦さん、素晴らしい。」ということ。
 このあたり(=紀勢本線の非電化単線、普通列車が2時間に1本しか通らない)の駅もすべて下車されている(すでに敬語)と思うと、畏敬の念を抱きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鰹、鯨。

Dsc000013月5日(土)くもり
 ケアマネ資格が取れたから、というわけではなく以前から企画されていた紀伊半島周遊の旅(Fe風味)を挙行。
 行程は次のとおり。(一日目)
 伊賀上野5時35分   加茂  6時06分
 加茂   6時09分   王寺  6時43分
 王寺   7時04分   高田  7時24分
 高田   7時26分   和歌山 9時29分
 和歌山  9時38分   串本 11時48分
 午前4時に起床。
 伊賀上野始発のディーゼルカーに乗り、乗換えを繰り返し和歌山線を通って和歌山に出て、特急くろしおに乗るというなんとも趣味的な経路。
 串本で昼食をとり(鰹茶漬け。美味かった。)、熊野交通のバスで本州最南端潮岬へ。
 その後、バスで串本に戻る。
 串本 16時10分   太地 16時49分
 紀勢本線の普通列車で太地へ。
 太地で町営バスに乗り、太地町営国民宿舎「白鯨」に投宿。
 夕食に鯨フルコースをいただく。うまい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護支援専門員資格取得

3月4日(金)ゆきのちくもり
 天気予報は雪。今日は津で介護支援専門員実務研修の最終日。
 前日に「雪が降ろうが遅刻欠席は厳禁です。その場合は研修修了証書〈=資格〉出せません」と県の担当者におどかされていたので、早起き。
 外を見て見ると、予報どおり雪が降っている。でも路面に積もっていはいない。
 通行止めってことはないだろうけど、(研修会場の県庁までは片道1時間弱の道のり)道が混んでいては困るので30分ほど早く出る。
 結局、道も混んではおらずスムーズに走れた。
 早着しそうだったので、途中のコンビニで時間調整し、研修会場入り。
 午前中は、昨日検討した12事例から1事例をピックアップし、ケアプランの再検討。
 なかなかよい事例だった。
 ・事例提出者が実は主たる介護者。
 ・現在レンタルのみサービス利用でこれから訪問・通所系のサービスを利用「させたい」。
 ・認知症あり。
 ・下肢筋力低下による歩行困難あり。
 ・要介護3程度と推定される。
 といった事例だった。
 事例提出段階では介護者の思いが強いプランであったので、たくさんのサービスが計画されていたのだが、再検討でかなりシェイプアップされた。
 午後は模擬サービス担当者会議。
 ケアマネージャー、本人、家族(介護者)、主治医、サービス提供事業者(ヘルパー、デイサービス)などの役割でロールプレイ。
 サービス担当者会議というのは、ケアマネが行わなければならない必須の業務として上げられていて(指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準第13条9号)、たてまえとしては、ケアマネが作成したケアプランの原案を本人家族、それぞれの専門職を交えて最終検討し、本人家族の同意を得て、サービス事業者間の調整を図るのが目的。
 ロールプレイでは、ケアマネ役をやらせてもらいました。
 なんだか、普段の仕事のような感じだった。
 ロールプレイを役割を変えて2回やって(本来ロールプレイは自分がやった役割と違う役割を2回目にやれると効果的なのだが、グループの人数が多すぎて2回目は観察役でした。本人役でごねてみたかった。)
 担当者会議のロールプレイの後、それぞれのグループで感想などをまとめて発表して、介護支援専門員実務研修のカリキュラムは全部終了。
 これだけで4月から働き出す人もいるのよね。と思うと、ちょっと怖いけど、基本的には5年以上の何らかの実務経験のある人たち。(だからこそ実務経験が前提となっている資格なんだろう)何とかしてしまうのだろう。
 意外と4月から働き始める、という人は少なくて、「とりあえず取っておきました」という人が多かった。
 最後に無事に研修修了証書と資格の登録書をいただきました。
 自分にとってははじめての社会福祉関係の公的資格を取ることができて(いまのところ数少ないソーシャルワークで仕事ができる資格、だと思っている)ほっとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12事例検討

3月3日(木)
 介護支援専門員実務研修5日目。
 今日は各自が作成してきたケアプランを事例検討。
 すでに4日目から10人程度のグループに分かれているのだが、そのグループごとに検討。
 なぜか私の所属するグループは12人いる。なかには9人のグループもあるのに。
 グループで事例検討するのに、12人は多すぎ。8人が限界だと思う。
 朝10時から、途中昼食で1時間だけ休憩して、ぶっ続けで事例検討。
 一人あたりおおよそ20分程度。
 14時30分あたりから、なんだか意識がもうろうとしてきた。
 12人分終わったのは16時過ぎ。
 疲労こんぱいしました。
 あと一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡眠不足

3月2日(水)はれまださむい
 昨日は結局午前2時近くまで宿題をする。
 眠さでぼおっとしながら出勤。
 午前中は事務処理、合間を見ながら宿題に目を通し、仕上げ。
 昼食は久しぶりに九庵にカレー皿うどんを食べに行く。
 昼食後これもまた久しぶりにお城のあたりを散歩。
 風が冷たいので、昼寝は避けておく。
 午後からケアマネージャーさんに同行して、新規の訪問に行く。
 このところどうも世帯認定に頭を悩ます事例に続けて出会っている。
 うちの事務所では「世帯分離」と「別世帯」の区別がはっきりしていない。
 何度か説明したのだけどなあ。分かったころには異動してしまうのでは仕方ないか。と半ばあきらめ気味。
 事務所に戻り、ふたたび事務処理。
 明日、明後日と研修で留守にするので机周りをきれいに片付けておく。
 定時のあと、組合の評議委員会。資料を読み上げるだけ。やる意味あるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの宿題状態

3月1日(火)はれまだまださむい
 3月になったというのに、寒い。歩いて出勤。
 午前中、養護老人ホームに入所希望の人に同行して見学。
 数少ない老人福祉法上の「措置」が残る高齢者福祉施設である。
 養護老人ホームがもともとは生活保護法の施設であることを知っている人も少ないのだろうな。
 歴史勉強しないと分からないもの。
 養護老人ホームもこれからどうなるのか。
 午後は所内面接1件、新規面接1件。その間をかいくぐり、事務処理。
 夜は、UHEの練習。
 コンチェルトシュトゥックを通したのだが、3楽章でバテバテ。
 1stからヘビーな譜面をたくさんもらってしんどいことはしんどいが、そんなことは言い訳になるまい。
 本番に向けてそろそろ自宅練習もせねば。
 練習後自宅に戻り、2時間ほどケアマネ研修の資料作成。
 明日には仕上がりそうなめどがついたので、日付が変わったところで風呂に入り、ビールを飲み一服。
 前回の研修から一ヶ月もあったのに、結局前日にならないと仕上がらない。
 子どものころから変わらないなあ。
 まあ、前日には必ず仕上げられるということで、よしとしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »