« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

復調

2月28日(月)はれさむい
 朝はまだどんよりした気分で出勤。寒いし。
 とあることで、気持ちになんとなく薄日が差してくる。
 こういうときの変化は決して劇的ではないのだなあ。
 自分の中での懸案であった(そして客観的には本当に大した事のない起案、と今は言える)起案をさくっと片付けることに成功。
 もう一つの懸案もなんだか上手い方向に流れそう(本当は事態はまったく変わっていないのだが、その事態を受け取る自分のほうが変化してのでそう感じるのだ、と今は言える)になり、一安心。
 昼前から松阪に出張。
 18時過ぎに帰宅。
 夕食を済ませ、ケアプラン作成の作業に着手。
 20時から開始して23時にギブアップ。大体めどがつき一安心。
 24時間もたたないうちに、自分の状態がこんなに変わることに感心。
 明日はもう3月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠ってばかりいた週末

2月27日(日)
 10時起床はいかんだろうと少しだけ反省して、8時起床。
 またもや昼寝をしてしまう。
 夜、パパイヤ鈴木がゲストのN響アワーを鑑賞。
 リズムとかダンスがテーマならもっといい選曲できたのに、と思う。
 (なぜかジュピターの1楽章とか、チャイコの弦セレの3,4楽章とかなんだもの)
 、、、。実はこの土日はすっかり不安病が亢進してしまい、ぐずぐずしていたのだった。
 木曜日の研修で提出しなくてはいけないケアプランなどもこの土日結局手付かず。
 月曜日の朝早く起きてやろうと思っていたのに、昼寝のし過ぎで眠れたのは結局午前1時過ぎ。
 自分でも笑ってしまうぐらい、手におえない「不安が昂じて何も手につかず、その手につかないことでまた不安が昂じる悪循環モード、断ち切るために寝てしまうバージョン」にはまっていたのでありました。
 今こんなに書いてるってことは、悪循環からは脱したのだ。
 
2月26日(土)
 目覚めたら9時。そのまま布団の中でぐずぐずしてたら10時になってしまった。
 昼頃、一瞬吹雪のように雪が降る。春一番が吹いたというのに。
 朝あんなにゆっくり寝ていたというのに、昼寝をしてしまう。
 怠惰な一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通常勤務に復帰

2月25日(金)
 ようやくふつうに出勤。
 午前中懸案事項対応で数件電話。だいたい片付いてしまって一安心。
 午後は新規1件と、社協で会議。会議のときYさんとTさんと今日飲みに行く約束をする。
 上野に戻ってから、なかなかその日に飲みに行くことを約束して、その日に決行する、っていうことができないので、それができただけで何だか楽しい気分になる。単純なやつだ。
 仕事の後、耳鼻科へ。
 受付終了まぎわの18時に診察券を出し。診察は20時をまわる。
 待っている間に新書を一冊読み終わる。
 今回の中耳炎で3回耳鼻科に通ったのだけど、その間に2冊本を読むことができた。
 最近、読書量が激減している自分にとってはいい機会だった。
 とりあえず、中耳炎は治ったということで治療終了。でも、医者から今年は花粉症すごいよと脅かされる。
 診察のあと、ぽれぽれ家へ。同業者のYさんとTさん(通称上田組のメンバー。なぜ上田組かはまたそのうち)と飲む。珍しくその日に決めた飲み会だった。
 あんまり飲まなかったけど、ゆっくり話せて楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看護休暇三日目

2月24日(木)くもりのちあめ
 あさ、みのりさん39度。高熱復活。
 まさかの看護休暇三日目。よくクビになりませんな。
 でも、これぐらいのことも許容していただける社会になってほしいなと思う。
 バリバリ働くヒトのことは邪魔しないから、たらたら働く人のことも大目に見てほしい。
 15時ごろ出勤。そんなに仕事は滞っていない様子。
 この仕事は割と仕事量に波があるので(事務量もそうだし、ケースが動き出すときっていうのはたいてい2,3のケースだ同時に動き出す。新規申請も集中する時のほうが多い。)、今回の三連休が(三連休といっても職場には出ているのだが)穏やかな波のときでよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医者通い

2月23日(水)
 朝一時間だけ職場に顔を出して、看護休暇2日目。
 昼前にみのりを小児科に連れて行く。
 熱も下がり、機嫌もいいので明日熱がなければ保育園に出してもいいですよといわれる。ほっと一息。
 夕方、耳鼻科へ。4時ぐらいに受付したのに、診察は7時ごろ。込んでおる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知恵熱

2月22日(火)
 みのりさんインフルエンザのため、子どもの看護休暇取得。
 一日、みのりさんの相手と、家事にいそしむ。
 自分自身は耳が変なぐらいで、だいぶ体調回復。

 夜は先日tea dropsのコンサートで知り合ったピアニストのFさんを囲んでの飲み会。
 みんな待ち合わせに遅れてきて、最初に集まったのが僕と、初対面のEさん(カナダ人の女性)。
 EさんはALTなのだが、日本語は少ししかできないので、会話は英語となる。
 久しぶりに英語の脳みそを使いました。
 せっかく風邪治ったのに、知恵熱出そうなぐらい頭使いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族対抗かぜひき合戦

2月21日(月)くもり
 寒い朝。
 みのりさんインフルエンザ発症。
 家族対抗かぜひき合戦の様相を呈してきた。
 マスクをして出勤した。
 すっきりとはしないものの、高熱は出ないので自分はインフルエンザではない様子。
 職場は明日が電算入力の締切日。しかし明日はみのりの看病のため休まねばならない。
 なので、マスクをして鼻詰まりでぼおっとする頭で、一日中事務仕事。
 とりあえず、最低ラインはクリア。
 仕事の後、耳鼻科へ。
 けっこう繁盛している(この時期だから余計にか)耳鼻科で、1時間以上待つ。
 待っている間に「さおだけ屋はなぜ潰れないのか 身近な疑問からはじめる会計学」(山田真哉・光文社新書)を読む。あんまり面白くなかった。最近やっぱり新書は乱発されすぎている気がする。
 診察の結果、自分自身の風邪の症状は落ち着いてきているらしい。
 明日の飲み会には行きたいので、(いければどんな飲み会か報告します)今日はおとなしく早寝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼんやりした日曜日

2月20日(日)あめ
 朝、ゆっくり起きる。
 午前中、みのりを小児科に連れて行く。
 鼻詰まりも解消しないので、花粉症にも効くというティートゥリーのエッセンシャルオイルを購入。マスクにつけて装着。
 自分自身も風邪が抜けない。伊賀オケの練習は休ませていただく。
 昼寝をすると夜眠れなくなってしまう。
 かといってケアマネの実習課題に取り組むほど頭がクリアーではない。
 などとゆるい思考のぐるぐるまわりが続き、結局外に出ずに一日パソコンの前でだらだらとしてしまう。
 土曜日にお医者さんに「土日は外出せずゆっくりするように」といわれたのを守ってしまった。
 いい患者だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中耳炎!

2月19日(土)あめ
 朝起きたら、右耳が変。ここ2、3日変だったのだが、さらに詰まった感じがひどくて、だんだん痛みも出てきた。
 しばらくしたら、痛みが強くなってきたので耳鼻科を受診。
 耳鼻科なんてかかるの、何年ぶりであろうか。
 診察の結果は、中耳炎。
 「ちょっと痛いですよ」といわれて、耳の中をぐさっと刺される。
 先生は何も言わなかったが、きっと鼓膜切開したのではなかろうか。けっこう痛かった。
 ソファーに座って5分ぐらい休憩。
 土日は自宅で安静にしているようにいわれる。
 家に帰ってからは、痛みは少しずつ治まってきた。
 ここ数日、人からたしなめられることが続いたのと、中耳炎。
 神様が「もう少し人のいうことを聴きなさい」といっているのだろう、と勝手に解釈。
 土日は安静にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日会

2月18日(金)くもりときどきあめ
 新規のお宅訪問が1件。その他事務処理など。
 電話で話しをしたケアマネさんから、ケースとの会話の仕方について少したしなめられ、反省。
 県民局に行き、久しぶりにKしたさんに会い、コーヒーをいただく。
 そのあと、某ケースに関してのワタシのかかわり方がちょっといかんのじゃないのか、と某所でのカンファレンスで取り上げられていたということを小耳にはさみ、(結局確認したらいろいろ誤解されていたようなのだが、誤解されてしまったことも含めて)反省。
 実は昨日の夜某県立大学のS先生からもメールでワタクシのこれまでの行動について(やめるとかやめないとか残留するとか残留しないとか)、ちょっと指導をいただいていたので、反省。
 いろいろ気にかけて指導してくれる人がいるというのは、ありがたいことです。本当に。
 夜はMらおが幹事をしてくれて、ぽれぽれ家で誕生日会。
 旧来の友達に加え、当日声をかけた社協のIくんとIさんも来てくれる。
 ぽれぽれ家さんからはシャンパンを、ほかのみなさまからもお酒をいただく。誕生日プレゼントがみんなお酒っていうのもどうかと思うが、まあそういうわけです。
 飲み過ぎないように、楽しく過ごさせてただきました。みなさんありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回復途上

2月17日〈木〉くもり
 まだ本調子ではないが、出勤。
 とりあえずたまっていた書類を片付け、訪問にも出る。
 ぼおっとした感じが取れず、電話の応対や面接にも集中できない。
 午後にも1件面接したのだが、鼻が詰まっている影響が耳にも出て、しばらく鼓膜がぽこっとした感じ(トンネルに入ったときや、急に高度が変わったときの感じです)がとれなかった。
 夜はUHEの練習に参加。
 日本知的障害者福祉協会社会福祉士養成所から入学選考の合格通知が届く。
 これで4月からまた通信教育の学生です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症+風邪

2月16日(水)あめ
 朝からせきが止まらない。熱があるわけではないのだが、ぼおっとする感じ。
 昨日に引き続き、一日休み。
 医者に診てもらう。花粉症の薬と風邪薬、点鼻薬をもらう。
 それ以外は外出もせずに一日ぼおっとして過ごす。

 夜は自分が運営委員をしている精神保健福祉の勉強会があったのだが、欠席させてもらう。
 事例検討会をする予定だったのでとっても楽しみにしていたのだが、残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

32歳になりました。

2月15日(火)はれのちくもり
 32歳になりました。
 昨年は2月16日に日帰り奈良世界遺産ツアーを敢行。
 今年は誕生日当日にひとりで京都ぶらり旅を敢行。

 蹴上まで電車で出て、南禅寺を通り抜け、哲学の道を北上。
 銀閣寺あたりを通り過ぎ、疎水沿いをぷらぷらと歩く。

 水の流れている街はいいよな、とあらためて思う。

 お昼過ぎ、お目当ての蕎麦屋さんに到着。
 叡山電車の茶山駅と、上終町京都造形芸大前バス停のちょうど中間地点の「藤芳」という蕎麦屋さん。
 このお店は一度行って、満席では入れなかったことがあって、ぜひ再チャレンジしてみたかった。

 ビールとあげナスのあんかけ蕎麦をいただく。
 いつもなら日本酒と冷たい蕎麦もいただくのであるが、あげナスのあんかけ蕎麦がしっかり量があったので一品だけにしておく。あんかけのあんはそれだけでお酒が飲めそうなおいしいあんだった。

 そののち、バスに乗り京都駅に出て、帰宅。
 


2月14日(月)くもり
 31歳最後の日。
 仕事は特に何事もなく終了。

 夜は私のリクエストで、鳥友(鶏肉の専門店。凝った料理が出てくるわけではないが、安くておいしい。)でお食事会。ぽれぽれシェフ参加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

31歳最後の日々

2月13日(日)
 早起きして松阪にある「三重県立みえこどもの城」にいく。
 大型児童館シリーズ第二弾(ちなみに第一弾は大阪府立の「ビックバン」であります。)
 上野から車で約1時間15分。 
 こどもの城の目玉は、クライミングウォール(人工的にロッククライミングができる壁)。
 チャレンジいたしました。すでに筋肉痛の予感。こどもは身軽だなと思う。
 自分の筋力で自分の体を支えるには、筋力アップ&体重減少が必須。
 昼食は、少し離れた松阪農業公園「ベルファーム」というところで食べる。
 伊賀に本体のある「モクモクファーム」直営のレストランでバイキングを食べようと昼より少し早めにいったのだが、結局席につけたのは13時過ぎ。1時間待ち。
 それでも、待った甲斐はあるぐらいのお値打なバイキングでした。
 以前行った、阿山のモクモクファームのバイキングと同じぐらいだったらそこまで待つ必要もないと思いますが、(今は変わってるかもしれません)今日の内容なら、1時間待ってもいい。
 今日は少し風邪気味だったのであまり食べられなかったけど、次回はもう少しおなかをすかせて準備万端で行こう。

2月12日(土)
 二日酔いの一日。
 昨日のみ過ぎたのと、お客さんにタバコを吸う人が多かったので、何だかのどがイガイガする。
 風邪を引いたかも。今シーズンはかなり風邪を回避してきたのに。
 昼食は九庵でうどんをいただく。久しぶり。
 そのあとも夕寝をしたり。
 夜、本当に久しぶりにJTBの大型時刻表を購入。

2月11日〈金〉
 三連休一日目。
 久しぶりに何の予定も入っていない週末。しかも連休。
 昼過ぎまで自宅で楽器を掃除したり、少しさらったり。
 それから介護支援専門員の実務研修の実習。
 協力してくれる祖母宅に行き、要介護認定や各種聴き取りを行う。
 夜はぽれぽれ家へ。
 お店もぽれぽれとしており、だらだらと飲んでしまう。

2月10日(木)
 会議と訪問。
 担当地区が広くなり、訪問も本当に時間がかかる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜、4人で伊賀人的思考について語る

2月9日(水)小春日和
 夜はシェフ宅でUHEの練習。
 久しぶりに4人集まる。
 コンチェルトシュトゥックのパート譜を切り張り。1stの負担軽減を図る。
 気付いたら10時30分ごろまでシェフ宅にいた。

 シェフ宅の鍵を返しにぽれぽれ家に立ち寄る。
 軽くしゃべって帰るつもりでカウンターに座っていたら、S子が職場の上司と飲みに来ていた。
 S子が私がいるのに気付き、カウンターでシェフ、オーナー、S子、私(右からの着席順)の4人で話し始める。
 テーマは結婚・家族にまつわる伊賀人的思考に収斂して行く。
 オーナーとS子は二人とも女性二人姉妹の長女というのが共通点。
 シングルで、妹は結婚していてこどもがいる(もうすぐできる)というのも共通点。
 伊賀における長女と親の関係、妹が結婚して、シングルでいる姉の立場について、S子が語っていた。
 当初聴き役にまわっていたオーナーも、途中でスイッチが入ったのか神様が降りたのか、がぜんしゃべりはじめた。
 二人とも、伊賀人的思考から自由でありたいのだけど、どっぷりとその価値観を身に付けていて、そこから逃れて(「はばたいて」)自由であろうとすることは、二重の困難を伴うのだろうと思った。

 平日の深夜、伊賀の片隅でかなり濃厚なコミュニケーションが行われていたのであった。

 自分にはどんな価値観が身に付いているのだろうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの昼蕎麦

2月8日(火)あめ
 A市にある施設を訪問。入所中のケースと面接。
 おそい昼食に久しぶりに蕎麦屋に立ち寄る。
 ご店主ひとりでやっている小さなお店であったが、大変おいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院同行

2月6日(月)くもりのちいちじあめ
 朝から受診に同行。
 本当なら外来受診同行のみで午前中でその用件は終わり、午後から別の相談の面接の予定であった。
 しかし、午前中の用件が外来受診同行+入院同行になったため、結局一日かかりきりになる。
 珍しく帰庁も19時を過ぎる。
 昼食にありついたのも珍しく16時ごろだった。
 
 今日の受診同行は関係機関の人とワタクシと計4人、入院同行は3人で動いた。
 前の職場の時はよく自分ひとりきりで受診に付き添ったり、入院に付き添ったりしてたよなあ。と少し懐かしくなった。
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

つりばしわたれ

2月6日(日)

午前中、散髪に行く。
散髪に行き、鏡の前に1時間弱座るたびに、ちょっとぷくぷくしすぎだよなと思う。

昼、岩倉峡公園に遊びに行く。
以前にも遊びに行ったところなのだけど、ここにはつり橋がある。
つり橋を渡らないと遊具のある公園にはいけないので、必然的につり橋を渡らねばならない。
また寿命が縮まった気がする。
(前回縮まったのは、神戸の布引ハーブ園に行くロープウエイ。)

昼食後、かなり昼寝。
 
夜は伊賀オケの練習。
管楽器はパート練習となり、結果的にたーさんと3月27日に演奏するコンチェルトシュトゥックの合わせをする。
たーさんがベルリンフィルのDVDの演奏を参考にして譜面を変更。
1stのフレーズがどんどん2ndにやってくる。
すでに2ndの譜面、ふつうの曲の1stの譜面よりつらい状態である。
もっとつらいトランペットみたいな譜面を1stが吹いてるので、文句言えないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穏やかな週末

2月5日(土)
午前中、オケの練習日程など作成。オケのHPも若干更新。

昼ご飯、マクドナルドに行く。
先週もらったハンバーガーのただ券5枚を使い切る為に。
いってみたら、ちょうどお昼時ですごい混雑。
並び始めてから、品物受け取るまでに約20分かかる。
マクドごときで20分。うーむなんだかくやしい。

夜はぽれぽれ家さんで飲む。
久しぶりにぽれぽれとしているぽれぽれ家さんでゆっくりと飲みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分そして立春

2月4日(金)
 少しだけ寒さが緩む。それでも寒いけど。

 支給日。特に何事もなく終わる。
 夜も家でおとなしくしていた。

 シェフに借りた 「先生はえらい」(内田樹・ちくまプライマリー新書)読了。
 昨日の役員会での自分の態度など、ちょっといかんよなあと、本を読みながら珍しく反省。


2月3日(木)
 17時ごろM氏職場にやってくる。少ししゃべる。

 夜、伊賀オケの役員会。とりあえず懸案事項を片付け予定時間より早く終わる。

 少しだけぽれぽれ家に顔を出す。
 M氏が今日誕生日だったことを思い出す。すっかり忘れてた。
 遅ればせながらおめでとう。もうすぐワタクシも追いつくよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い2月のはじまり

2月2日(水)
 寒い。今年最大級の寒波到来。
 夜のうちから雪が降り、家の前の道路にもうっすら積もっている。
 雪が降ったらお休みしたいのだが、二日も研修で職場を離れているので、いやいやながら出勤。
 出勤したところ、大したメモはなく穏やかな二日間だったようである。

 職場の車はノーマルタイヤしか履いてないので、外出もままならず、事務仕事をして過ごす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省と研修の日々

2月1日(火)
介護支援専門員実務研修四日目。
雪が降るかもという予報なのでJRで行く。
研修は9時15分からなので、津駅に9時ごろに着けばいいのだが、ちょうどいいダイヤがない。
結局伊賀上野発6時54分、亀山乗りかえで津着8時3分の列車で行く。
津駅のドトールで1時間ほど過ごす。

研修のお題は「居宅サービス計画等の作成」
16時30分頃、二日間にわたるグループ研修が終わる。
研修内容についてはまた書くかもしれない。

そのあと、県の担当者から、ケアプラン作成実習の説明があったのだが、17時08分津駅発の列車に乗りたいワタクシは気が気でない。(それを逃すと1時間待ち。)
しかも、県の担当者は資料に書いてあることを読み上げるだけで、目新しい情報は何もない。
(だいたい、研修の説明ってこんな感じなのだけど、書いてあることを読み上げることって必要なのか)
いらいらしながら16時56分に研修終了。県庁講堂から津駅までダッシュ。久しぶりに全力疾走。
なんとか間に合ったと思ったら、「ただいま列車4分ほど送れて運転しております。」とのアナウンス。
走らへんでもまにあったんじゃん。と伊賀弁と関東方言とごちゃ混ぜで思ったのでした。


1月31日(月)
完全なる二日酔いの朝。
最近頻度は減ったが、たまーにこういう激しい問題飲酒をしてしまう。

這うようにして起き上がり、配偶者に津まで車で送ってもらう。
介護支援専門員実務研修三日目。
お題は「アセスメント、ニーズ把握の方法」。
座っているだけではつらいので、しょっぱなのグループ討議の司会を引き受け、気を紛らわせる。
お昼は二日酔いの日らしく食欲が昂進しうな丼を食べる。
16時ごろ、ようやく二日酔い状態から脱出。
研修は17時前に終了。

四日市に出て愛知県大の須藤先生のシンポジウムで知り合った人と夕食。
JRで帰還。


1月30日(日)
朝10時にぽれぽれ家に集まり、リハーサル。
シェフにお昼を作っていただき、12時30分に会場に入り、最終合わせ。

午後は、「クラリネットとホルンの日曜喫茶室」。14時開演。
ワタクシのソロはグラズノフの「夢」。
三重奏はライヒャのトリオから1,2,4,6。
やはり持久力が課題である。

打ち上げ。楽しかったので飲みすぎました。反省しております。


1月29日(土)
夜、ソロのピアノ合わせをシェフ宅で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »