« あわただしい一日 | トップページ | 「目途」はなんと読む? »

実務研修一日目

1月19日(水)はれ
 朝から研修にもって行く準備をしていたところ、肝心の封筒がない。合格通知や研修日程の入った封筒で、昨日一日鞄の中に入れて持ち歩いていたのだった。
 どうせ職場に置き忘れたのさ、と研修会場(津リージョンプラザお城ホール)に行く前に職場に立ちより、机のあたりを探して見るも、見当たらない。こりゃいかんなあ、と思いつつも遅刻するわけにも行かず、会場に向かう。
 
 会場には無事到着。テキストの引換券だけは封筒から抜いて手帳にはさんであったので、テキストは無事に入手。

 研修一日目は、「介護保険制度の理念と介護支援専門員」、「介護支援サービス(ケアマネジメント)の基本」が9時50分から昼休みをはさんで14時20分まで。講師は伊賀市社協の平井さんだった。平井さんが講師では居眠りするわけにはいかず、しっかり聞かせていただきました。
 14時30分から17時までは「相談面接技術」。講師は県立看護大の小林先生。内容はちょっと(かなり)もの足りなかったなあ。まあテキストに準拠した内容を話さなければいけないので、いきなり発展や応用のことはできないのだろうけど、それにしても基本的には5年以上の実務経験を持っている人が対象の研修なので、もうちょっと突っ込んだことを取り扱ってもよかったのでは。

 上野に戻って職場に立ち寄る。結局封筒は自分の机のデスクマットの下にありました。お騒がせいたしました。

|

« あわただしい一日 | トップページ | 「目途」はなんと読む? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18112/2630137

この記事へのトラックバック一覧です: 実務研修一日目:

« あわただしい一日 | トップページ | 「目途」はなんと読む? »