« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

本番近づく。

1月28日(金)くもり
 午前中、事務仕事。
 午後は社協で相談ネットワークの設立準備会。なりゆきで運営委員となる。
 夜はぽれぽれ家で少人数同業者飲み会。このメンバーで上田に旅行することとなる。

1月27日(木)
 午前中、事務仕事。
 午後は新規の訪問が2件。

 夜はぽれぽれシェフ宅をお借りしてソロ合わせとUHEの練習。
 大きくは宣伝しなかったのだが、30日に本番あり。学芸大の学園祭で演奏して以来、10数年ぶりに人前でソロをまじめ吹くことになる。
 大きく宣伝しなかったのは会場が喫茶店でキャパが30人ぐらいしかないので、あまりお客が多くても困るからなのであるが、現時点で26名のお客が確定。
 確定しているお客の中にはホルン吹きも数名いて、緊張。

1月26日(水)
 一日中事務仕事をしていたような記憶が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは尾崎放哉の俳句か?

被告を裁判に連れて行くのを忘れる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気をつけ下さい

 私がいつも愛読しているclassicaのブログにこんな記事がありました。

 オレオレ詐欺(今は振り込め詐欺か)の電話は親戚のおばあさんところにかかってくるし、あやしい「最終通告」メールもたまにやってくるし、なんだか犯罪も身近になってしまいました。
 (それにしてもtu-kaは他者の携帯に比較してそういうメールが少ないと思う。シェアが小さいからか。)

 ところで、ブログの記事中にもあったのだけど「メールはテキスト」に限ります。
 ワタクシも全然勉強不足で、いつ自分が被害にあうか、あるいはウイルスメールに感染してウイルスメールをまきちらし始めるか分からないのだけど、メールをテキストにしてあることでけっこうそのような被害を防げている、と思う。
 というようなことを、以前自分の日記にも書いたのだけど、それでもたまーに自分の知人からhtml形式の、メールが届く。

 おねがい。メールはテキスト形式にしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まとめてご報告

1月25日(火)
 朝6時10分に上野産業会館に到着。タクシーで自宅に帰る。
 出勤まで30分ほど横になる。だいぶ頭がすっきりした。
 昨日休んだけど、あまり何も起こっていなかった。とりあえず新規と支払い関係を片付ける。

 夜は久居でUHEの練習。行き帰りの長野峠では雪がちらちら降っていた。


1月24日(月)
 一日南関東に遊ぶ。
 23時15分、横浜駅東口発の夜行バスに乗車。
 車内は空いていて、乗客は6、7人といったところ。隣の席はもちろん空席。自分の周り八席全部が空席なのでかなり快適に過ごせました。
 とはいっても、運転手さんの交代の為にとまるたびに目はさめるのだけど。いつから自分がこんなに神経質になったのかと思う。


1月23日(日)
 午前中、伊賀市発足記念式典。Sセンセー作曲の式典序曲を吹き逃げ。
 12時30分のバスに乗り、名古屋へ。名古屋から新幹線。
 久しぶりにTりまと飲む。年末にTりまが炸裂して暴走した話などを肴に。
 食べ過ぎた。
 川崎泊。

1月22日(土)
 早起きして、社会福祉士の通信教育の願書などを書く。
 
 午後は母校の高校の吹奏楽部の「福袋コンサート」なるミニコンサートを聴きに行く。
 ホルン会は健闘しており、感心する。

 19時からは明日の式典演奏のリハーサル。
 書いたら笑われそうだから、書かなかったのだけど、あえてその編成を書いておく。

 フルート3(1はピッコロ持ち替え)
 オーボエ1
 クラリネット7 バスクラ1
 ファゴット1
 アルトサックス2
 テナーサックス1
 バリトンサックス1
 ホルン4
 トランペット2
 トロンボーン2
 ユーフォニウム1 
 チューバ1 
 ティンパニ1
 打楽器2
 第一バイオリン3人
 第二バイオリン5人
 ヴィオラ2人
 チェロ2人
 コントラバス3人

 ・・・何なんだこの編成は。
 ビオラ独奏付交響曲というのがあるが、弦楽器付吹奏楽団だな、これは。
 絶対オーケストラじゃないって。認めん。

 結局21時30分過ぎまでリハは続くのでした。


1月21日(金)
 2日間研修で職場を離れていたのだが、どうやら自分のケースは平穏無事だったらしい。
 月曜日休む予定なので、がしがしと事務仕事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは読まねば!

小川洋子さん 結末はホルンの響きに導かれ

ノーマークでした。読んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実務研修2日目

1月20日(木)はれ 風強し
 今日も一日津リージョンプラザで講義。

 今日のメニュー。
 「給付管理について」
 「人権研修」
 (昼休み)
 「介護保険制度の概要」
 「要介護認定等の知識」
 「演習オリエンテーション」

 また「人権研修」か、と思ったけど結果的にその講義が一番聴けた。

 そのほかのものは、中身が薄いし、説明もあまり上手ではなかった。
 あらためて書くと、今ワタクシが受けているこの研修は、昨年の10月に行われた「介護支援専門員実務研修受講試験」というものの合格者を対象に行われている。(ちなみに合格率は三重県で28.9%。)
 試験に受からないと研修は受けられず、6日間の研修を終了しないと介護支援専門員の資格は取得できない。
 ということは、この研修を受けている人はある程度の介護保険制度に関する基礎知識はもっているはずなのである。
 せっかくそういう仕組みを作ってあるのだから、講義の内容も、もう少し濃い高度なものでもいいのでは。それともそれを語るだけの講師の人材がいないのか。
 そういう意味でも一日目の平井さんの講義は福祉専門職の思いがにじみ出たいい講義だったと思う。

 16時30分に終了。さすがに尻が痛い。

 夜はぽれぽれシェフ宅でUHEの練習。途中でS子嬢が加わり30日の「日曜喫茶室」の打ち合わせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「目途」はなんと読む?

 研修の時、講師役の県の職員が「四時半を『もくと』に、終わりたいと思います」と、「もくと」という言葉を連発していました。最初何のことだろうと思っていたのですが、これはどうも「四時半を『めど』に」ということをいっておられるようでした。そういえば、以前の県の会議や研修、厚生労働省の研修でも「もくと」といっていた人がいました。
 自分の感覚だと「そんな読み方するですか」と思うし、まったく使わない読み方なのですが、ある程度年配の方が複数そういっておられるので、多分そういう読み方するんだろうななどと思いつつ家に帰ってから辞書をひきました。

 「めど」 [目処・目途](名)めざすところ。めあて。めどがつく。(句)見こみがつく。「完成の―」
 「もくと」 [目途](名)〈文〉めど。めあて。「四月完成を―として」
 (三省堂国語辞典第三版)

 ふーん。読むんだ。自分は使わないだろうけど。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実務研修一日目

1月19日(水)はれ
 朝から研修にもって行く準備をしていたところ、肝心の封筒がない。合格通知や研修日程の入った封筒で、昨日一日鞄の中に入れて持ち歩いていたのだった。
 どうせ職場に置き忘れたのさ、と研修会場(津リージョンプラザお城ホール)に行く前に職場に立ちより、机のあたりを探して見るも、見当たらない。こりゃいかんなあ、と思いつつも遅刻するわけにも行かず、会場に向かう。
 
 会場には無事到着。テキストの引換券だけは封筒から抜いて手帳にはさんであったので、テキストは無事に入手。

 研修一日目は、「介護保険制度の理念と介護支援専門員」、「介護支援サービス(ケアマネジメント)の基本」が9時50分から昼休みをはさんで14時20分まで。講師は伊賀市社協の平井さんだった。平井さんが講師では居眠りするわけにはいかず、しっかり聞かせていただきました。
 14時30分から17時までは「相談面接技術」。講師は県立看護大の小林先生。内容はちょっと(かなり)もの足りなかったなあ。まあテキストに準拠した内容を話さなければいけないので、いきなり発展や応用のことはできないのだろうけど、それにしても基本的には5年以上の実務経験を持っている人が対象の研修なので、もうちょっと突っ込んだことを取り扱ってもよかったのでは。

 上野に戻って職場に立ち寄る。結局封筒は自分の机のデスクマットの下にありました。お騒がせいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あわただしい一日

1月18日(火)
 歩いて出勤。
 12時まで事務仕事。明日、明後日と介護支援専門員(ケアマネージャー)の実務研修で不在にするので、それまでに片付けなくてはいけない仕事を息つくまもなく片付けて行く。
 12時から、市外の施設へ向けて出発。入所しているケースの新規受理面接。14時前に終了。伊賀に戻る道中コンビニに立ち寄り、お弁当を食べる。15時から地区の新規の面接。なんとか17時前に帰庁。帰宅途中にケースに書類を届ける。

 夕食後はシェフ宅でUHEの練習。

 めずらしくあわただしい一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教訓が生かせない

1月17日(月)あめ
 今日は地区センターに参集。防災訓練である。
 なんとも緊張感のない訓練であった。
 「明日、自分の住んでいるところに地震が起きる」という想定で訓練をするというのは、変な言葉の使い方かもしれないが、「想像力」の問題だと思う。いかに、今は発生していないし、はっきりと発生が予想されてはいない。だけれども、発生した時の被害をできるだけ小さくするための訓練。想像力を使って、自分こととして、自分の身に引き寄せて考えるしかない。
 想像力の乏しさが、被害を大きくすると思う。

 10時に帰庁。事務仕事。
 午後も出たり入ったりしながら事務仕事。
 事前に連絡せず入院中のケースに面接に出かけたが、あまり深く眠っていらっしゃったので、明日にすることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はたしてそれは音楽か

1月16日(日)くもりのちはれ
 遅めの起床。朝食後部屋のそうじ。パソコン部屋のたまった書類など少し片付けて少しだけすっきりした気分を味わう。
 
 昼食後、23日の式典演奏の練習。なぜ私がもろもろのだんどりを気にしなくてはいけないのかが分からないのだが、いろいろと心配なことを確認して、危険要素をつぶしていく。
 この式典演奏で、ワタクシが一番イライラしているのが、この「だんどりを気にするのはワタクシの役目ではないはずなのに、なぜかそれをせねばいけない」ということ。
 この式典演奏については、演奏団体は「伊賀市音楽集団」ということになっている。その実態は伊賀オケ有志をはじめ、各団体からの寄せ集めである。ワタクシは伊賀オケのインペクであって、「伊賀市音楽集団」のインペクではない。たまたま人数的には伊賀オケからの参加者が多いが、伊賀市音楽集団の各団体の取りまとめ役を伊賀オケが担っているわけでもない。じゃあいったい誰がそういうことを仕切るのか、ということになると、それがはっきりしていない。そういうこういう形態で演奏活動をするためには大前提となる役割分担をきちんとしておかないで、やっつけ仕事でばたばたと演奏(のようなのもの)をしてしまう、そのことが嫌いなのである。
 そんな演奏団体が、音楽作れるはずがない。
 ワタクシは、せめて伊賀オケはそうならないように、つとめているのです。
 
 またぼやいてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙雨

1月15日(土)一日中冷たい雨。
 昨晩遅くまで飲んだせいか、昼前まで寝てしまう。
 昼食はいつものとおり九庵。

 夜は御通夜。冷たい雨がときおり強く降った。
 自分よりも若くしてこの世からいなくなってしまった彼女のことを思い出しながら、自分がこれから何をすべきか考えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつのまにか

 所属している(はずの)LVB室内管弦楽団にblogのページができていたようなので、ご紹介しておきます。
 いつ復帰できるのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さみしい町

1月14日(金)くもり
 午前中、事務仕事。

 午後、ケースの家の片付け。不要になった応接セットをリサイクルショップに持ち込もうとするが、一軒目には断られ、二軒目は休み、三軒目はもうすぐ閉店するので引き取りできない由。
 仕方がないので廃棄処分しようとするも、ごみとして廃棄するにも、分解して分別しないと廃棄できないことが判明し、いったん倉庫へ放り込むことになった。
 不要物の処理ってものすごく大変。いらないものは買わない、所有しない。これが大事。

 夕方1件、病院に入院しているケースと面接。

 18時から社協で精神保健福祉勉強会の運営委員会。なぜかワタクシも運営委員。いいたいこと(「勉強会」だから講師を呼んで制度のことを勉強したりするのも必要かもしれないけど、いまこの地域に必要なのは精神保健福祉に関わる援助者の自助グループ的な事例検討会みたいなものじゃないの?ということ)をいって、じゃあそうゆうことをしましょうということになる。

 運営委員会は予定どおり、19時で終了。

 帰ろうとしたところ社協のT氏に呼び止められ、飲みに行くことに。
 T氏はもう少し残業があるので、ぽれぽれ家で待ち合わせすることにして、自分が先に店に行くと、満席。
 T氏の残業が終わるまで、他の店を探すことにして市街地をぷらぷら歩いてみても、すっと入れるような店が皆無。そういう町なんだよ、上野って。
 T氏から残業終了の電話が入り、あらためてぽれぽれやに電話をしたらカウンターに二人分席があるということなので、結局ぽれぽれ家に行く。途中でKもとさんもやってきた。遅くまで飲んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然の訃報

1月13日(木)
 昼休み、伊賀オケの代表から携帯に電話。コンサートミストレスが交通事故で亡くなったと。あまりもの突然の知らせに呆然。必要最低限の連絡を取る。午後も仕事などまったく手につかず。
 仕事が終わり家に戻るころになると、事故の詳しいことが大体判明。不運が二重三重に重なった事故であったようである。1時間ほどかけて団内に連絡をする。
 22時過ぎ、へなへなとなってしまう自分の気持ちに持ちこたえられず、ぽれぽれ家へ行く。24時過ぎに帰宅。

 なくなったのはまだ20代後半の女性。まだまったく信じられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の長野峠

1月12日(水)くもり時々雪
 午前中事務仕事。午後訪問。
 夜はUHEの練習。久居のおやつカンパニーの工場内の施設で。
 自宅からから久居の練習会場に向かうためには、国道163号線を使い、長野峠という峠を越えるのが最短ルート。今日もそのルートで行ったのだが、上野市内は全然雪が積もっていないのに、峠に近づくに連れて雪が若干積もっていた。気温は0度。ところどころで、おそらくノーマルタイヤの車が数台走行不能になってハザードランプを出して止まっていた。おそるおそる進み、いつもより30分余計にかかって無事到着。1時間30分ほど練習していつもより早めに撤収。
 帰りは融雪剤が効いたのか、行きほどの積雪はなかったが、それでも数台車が止まっていた。過信してはいけないけど、スタッドレスタイヤ履いててよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連絡事項

1月11日(火)さむさむさむ
 午前中事務仕事。午後は病院に入院中のケースに面接。なんだかんだで17時過ぎに帰庁。
 連休明けの割にへこまず仕事に取り組んだ一日。

 【連絡事項】
 ワタクシ、来年度からは関東に復帰するとさんざんわめいてまいりましたが、ここで方針転換。来年度とその次の18年度は伊賀に残留することにいたしました。
 なんなんじゃ、そりゃあ。など異論のある方、質問のある方は詳しいことはメールで個別にお問い合わせください。いぢめないでね。これでもいろいろ考えた末の結果なので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温水プール

1月10日(月・祝)さむさむ
 午前中から昨日の筋肉痛が残る身体にむちうち、針の温泉プールに行く。10時30分頃から13時過ぎまで泳ぐ。
 上野に戻り昼食。パソコンの前に座り、だらだらしていたらもう夕方。
 
 各地で成人式があれているというニュースを見る。昨年より扱いは小さいみたい。
 あれてるところはさっさとやめればいいのに、成人式なんて。なんでわざわざ税金使って暴れる場所を提供するのかわからない。参加費徴収するならともかく。

 明日は三連休明けのお仕事なので、早めに布団に入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長い一日

1月9日(日)
 朝6時30分起床。8時ちょうど伊賀上野発の関西線加茂行きに乗り、いざ泉北高速鉄道泉ヶ丘駅を目指す。目的地は大阪府立大型児童館ビッグバン
 途中加茂と新今宮で乗換え。新今宮で「和泉中央」行き準急に乗車。南海のアナウンスは準急のことをきちんと「準急行」というので、ちょっとおどろいた。普通はアナウンスも準急と省略するものである。
 電車は中百舌鳥から泉北高速鉄道線に入る。まったくの「ニュータウン開発」にともなった路線らしく、行き先の「和泉中央」といい、相鉄いずみ野線をほうふつとさせる。(相鉄いずみ野線の終点はしばらくの間、「いずみ中央」だった。)
 出発からおよそ2時間、10時過ぎに最寄駅である泉ヶ丘駅に到着。そこから歩いて行く。
 ビックバンは外見はとってもバブリーな建物。中身は児童館というより科学館+ラーメン博物館(マイナスラーメン屋さん)といった感じ。目玉は建物の4Fから8Fまでぶち抜きの「遊具の塔」。スタートの4Fがすでに見晴らしがよくて、高所恐怖症のワタクシはドキドキ。この遊具の塔、ずっと縦に長い複雑なジャングルジムといった趣で、4Fから8Fまで制覇しただけで、かなりの筋肉痛になりました。
 15時過ぎまでビックバンを堪能したあと、電車で帰宅。18時前に自宅に戻り、そのまま練習へ。

 今晩の練習は23日の伊賀市開市記念式典のための合同練習。わが社からS先生に依頼のあったもの。
 あいかわらずのメンバーは寄せ集め、演奏は通ればオッケーの「演奏もどき」の「イベント」をせねばならぬのだが、今回はぐっとこらえて手伝うことにしたのである。
 S先生の作曲した曲の譜読みなのだが、冒頭がどうにもこうにもブラ1に聴こえるし、ブルックナーのような部分もあるし、一人で笑ってしまっていた。

 21時に練習終わり、自宅に戻る。夕食。
 ウイーンフィルのラフマニノフのPコン3番(はじめてちゃんと聴いたけど、なんじゃこりゃあというぐらい激しい曲でした。ああいう曲聴くのは年に1回ぐらいでいい。)とチャイ4、ベルリンフィルのブラームス・ピアノ四重奏曲第1番(シェーンベルク編曲管弦楽版)を眠りながら聴く。もう少しあっさりした曲がよかったなあ。次の日休みでよかった。長い一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回新年会

1月8日(土)くもりときどきあめ・ゆき
 朝はだらだらと9時30分頃起床。さすがに少し昨日のお酒が頭に残っている感じ。
 九庵で昼食。その後モクモクファームに野菜を買いに行く。
 「統合失調症あるいは精神分裂病」を読み始める。少し昼寝。
 夜はぽれぽれシェフ宅で第2回新年会。メインはアンコウとクエの鍋。鍋もおいしかったが、シェフの知り合いが作ったという自家製スモークサーモンがとてもおいしかった。白ワインとの相性もばっちり。
 11時過ぎに帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車で出張

1月7日(金)くもりのちときどきあめ
 朝から岸和田市の病院に直行。所要時間約2時間。
 用件を済ませ、天王寺でちょうど昼休み。
 「統合失調症あるいは精神分裂病」(計見一雄 講談社選書メチエ)、「蕎麦屋の恋」(姫野カオルコ 角川文庫)購入。
 15時過ぎに職場に戻り、ケース移管の連絡と事務処理など。

 夜は職場の新年会。二次会まで参加して12時前に帰宅。
 帰宅してからなぜかベト4を聞く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しごとはじめ

1月6日(木)くもりのちときどきあめ
 さむさむの朝。車のガラスが凍てついている。
 4日5日と休暇をとったので、今日がワタクシのしごとはじめ。
 出勤前もそんなに重い気分ではなく、正直いって少し楽しみなぐらいだった。あまりにもぬるーい正月を過ごしていたせいか。
 出勤したら、それなりにメモや書類もたまっていて、慌しく片付けていく。誤算は明日だと思っていた会議が今日だったこと。なかなか終わらぬ会議にイライラしながら、ついつい髪の毛を抜いてしまう。あいかわらずの悪い癖である。
 会議は9時から11時までかかった(その間にちょっと抜けて電話で済む仕事を片付けつつ)。まったくもう。
 今日は一日外に出ず、正月休みでたまった雑務を片付ける。一日がんばったので、大体きれいに片付いた。うれしい。
 明日は岸和田の病院に直行である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回新年会

1月5日(水)
 川崎から戻ってくる。
 ぽれぽれシェフ宅で第1回新年会。
 みんなですき焼きを食べる。

 ちなみに第2回は8日(土)の予定。参加者募集中。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始の記録

12月30日(木)はれ
 朝6時起床。昨日のUHE忘年会のお酒が少し残っている。
 7時30分、川崎に向けて車で出発。中瀬インターから名阪国道に乗る。
 伊勢湾岸自動車道の豊田JCTから豊田南ICが12月12日に開通したので、伊勢湾岸道を介して東名と東名阪が直接つながった。のでいったん名阪に乗ると、自動車専用道をおりることなく、東名の横浜青葉インターまで行くことができるのだ。これはとっても便利になった。いままでより1時間は所要時間が短縮された気がする。まあ、車での帰省にもだいぶ慣れてきて、休憩回数も減ってきたこともあるが。
 いつもなら浜名湖SA、早くても富士川SAで昼食をとっていたのだが、 今回はなんと足柄SAでの昼食。
 横浜青葉ICを降りてからもスムーズで、14時30分、川崎の配偶者の実家に到着。所要時間7時間。
 私が一番慣れている本屋、川崎駅ビルの有隣堂に行く。「子どもが減って何が悪いか!」(赤川学 ちくま新書)、「『おろかもの』の正義論」(小林和之 ちくま新書)購入。

12月31日(金)くもりのち雪のち雨
 午前中、黒川にある義父の墓参り。帰る途中から天気予報どおり雪が降り始め、あっという間に積もる。配偶者の実家は川崎市川崎区なので(つまり海側ということだ)15時過ぎには雨に変わったのだが、関東一円けっこう雪が降り続いたらしく、東名高速も沼津から東京まで通行止めになってしまった。昨日でなくて本当によかった。
 夜はマツケンサンバと格闘技のテレビを見ながら、年を越す。

1月1日(土)はれ
 近所の稲毛神社に初詣。その帰りにユニクロに寄り、シャツ1枚とズボン2本購入。
 夜はカニとおせちを食べながら白ワインを空ける。

1月2日(日)快晴
 かなたとみのりを連れて、新しくできた羽田空港の第2ターミナルビルに遊びに行く。

1月3日(月)はれ
 川崎大師に行く。すごい人出。

1月4日(火)はれ あたたかい
 柴又帝釈天に行く。
 「言葉の常備薬」(呉智英 双葉社)購入。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。
 今朝8時30分に川崎を車で出発して、15時30分、無事伊賀上野に戻ってきました。
 伊勢湾岸自動車道と東名高速が豊田JCTでつながったので、行きも帰りも約1時間短縮して、かなり楽になりました。

 さて、2004年の1月1日、私は日記にこんなことを書いていました。
>1月1日(木)元旦 晴れ
>年頭にあたって、いくつか誓いを立てようと思う。
>1 2005年4月1日には、大学院生になる。
>2 2005年3月31日までには、上野市を退職する。
>3 保育士資格と、ケアマネ資格を2004年度中に取得する。
>4 2004年12月31日までに体重を5キロ減らす。
>5 質素な生活に勤め、倹約する。
>6 その他いろいろがんばる。

さて、結果はどうだったか。それぞれ10点満点で評価してみましょう。
1については、まだ不確定。
2についても、まだ不確定。
3については、5点。保育士資格は取れませんでした。ケアマネ資格は、あと6日間の研修を済ませれば取得できるので、取れたといっていいでしょう。
4については、、、。0点。減らすどころか。
5については、6点。比較的がんばったと思います。
6については、8点。
仕事は波もあり、本業については精神科受診までいたりましたが、そのあとの低迷期を乗り越え、年末にかけては低迷しながらも安定していたのではないかな。地域の同業者の方々にはそれなりに影響を(好影響も悪影響もですが)与えて、刺激になったのでは。
オケについては、第1回定期もなんとか終わり、がんばったんじゃないかな。
ホルンはあちらこちらでよく吹きました。

2004年は思ったよりはよくがんばった年ではなかろうかと思います。
2005年はもう少し目標を「具体的」にして、ぼちぼちと好きなようにやっていきます。
近日中に目標を掲げます。

とりあえず、「みのふりかた」決めなきゃ。

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »