« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

アルコホーリクの巨星墜つ

 中島らもが死んだ。しかもいかにもアルコホーリクらしい死に方で。(参照
 彼はアルコール以外にも、さまざまな薬物や対象に対して依存症であったと思うが、それでもやはり彼はアルコホーリク、アルコール依存症者と呼ぶのが一番ふさわしいと思う。
 個人差、地域差はあれど、生活保護ケースワークの業務量のある程度の、あるいはかなり大きな部分をアルコホーリクに対する援助業務が占めると思う。(それは保健所のPSWの業務もそうかもしれない。)具体的な生活保護ケースワークの場面を知らない人でも、生活保護のケースワーカーがアルコホーリクのことでいろいろと振り回されているという固定観念は持っているかもしれない。
 自分自身、久里浜病院などのアルコール依存症治療の専門病院に入院するケースに同行したり、近隣とトラブルを起こすケースの家主に謝りに行ったり、酒の飲みすぎで支給日の2日後に保護費を使い果たし、それでも酒が飲みたくてコンビニでウイスキーを万引きをして警察の厄介になったケースの身元引受人になったり、けっこういろいろやっている。最近はめっきり振り回されることも少なくなったけど。
 僕は学部の後半から中島らもを読み始めた。いろいろと読んだけど、一番記憶に残っているのは「今夜すべてのバーで」である。アルコホーリク本人が書いたアルコホーリク小説(本人は単に「アルコール小説」といっていたと思う)の金字塔である。その当時はゆめゆめ自分がアルコホーリクと関わるとも、そして自分自身がアルコホーリクであるともまったく考えずによんで、それなりの衝撃を受けていた。
 生活保護のケースワーカーになって、仕事としてアルコホーリクと関わることになった。まったく予想外のことであった。だけど、仕事としてアルコホーリクと関わることがあったからこそ、僕はこの仕事を楽しいと思い、続けようと思った。
 仕事で最初のころ関わったアルコホーリクは、偶然にもみな自分の父親と近い年齢だった。僕は自分の父親はアルコホーリクではないと思っているが、それでもかなり酒は飲んでいた。酒を飲んで酔っ払っている父の姿は嫌いだった。自分は大きくなったらお酒なんて飲まないと、こどもの時の自分は思っていた。
 最初のころ、アルコホーリクのケースに自分の父を重ねてみていた。自分の父の年齢の人間がアルコールが原因で社会に適応できない、社会から排除されるということは、受け容れがたかった。「まだ若いではないか」(ちなみに僕の父親は1947年昭和22年生)。「酒をやめて身体を治して、仕事をすればいいではないか」、と。
 そのうち、アルコホーリクのケースに自分自身を重ねてみるようになった。自分自身もたびたび問題飲酒を起こしていた。
 自分の担当したアルコホーリクのケースの死を複数経験した後、ようやくアルコールが社会不適応、社会からの排除の「原因」ではないことを身をもって知るようになった。アルコホーリクはこの世からアルコールがなくなっても、何か他の社会的に不適切な対象に依存の対象を移行するだけなのだということを考えるようになった。上手な依存の仕方をアルコホーリク本人が身に付けることを援助することが、生活保護ケースワーカーの仕事ではないかと考えるようになった。
 しばらくしてソリューションフォーカストアプローチと出会い(僕はソリューションは治療技法ではなく、面接技法として利用させてもらっている。どうでもいい話だが)、あながちその考え方も間違えではないことに気づいた。
 そんなことを自分の血肉として考え、技術・技法として仕事に使えるようになるのには5年近くかかった。僕は物覚えが悪いのでこんなもんだろうけど、それにしても生保ワーカーが2、3年ですぐに異動になってしまうのでは専門性もへったくれもない。
 話がそれてしまった。きょうはらも追悼。☆の予定だったが、予定を変更したいとおもう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

布引アンサンブル演奏会

 確かそういう名称の演奏会だったと思うのです。
 17日土曜日、新神戸からロープウェー(神戸夢風船)乗ったところにある、布引ハーブ園というところで演奏会に出ます。

園のHPに記載はないですが、森のホールで演奏会をします。
UHEのメンバーとしてチェレプニンの6つの小品を演奏します。ニカイドウは4th担当です。

あと、演奏会の最後に出演者ほぼ全員で、モーツアルトの39番の3楽章を当日ゲネ本でやります。どうなることやら。

日時 2004年7月17 日(土)
12:45 開場 13:00 開演
16:00 終演予定

場所 神戸布引ハーブ園 森のホール
(山陽新幹線 市営地下鉄 新神戸駅横よりロープウェー約10分
「布引ハーブ園」駅下車すぐ)

よろしかったら、ご来場ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体調不良

 昨日久しぶりに山本文緒さんのHPをのぞいてみたら、体調を崩されているとのこと。それで更新も滞っていたとの由。それをきっかけに買ったまま読まずにおいておいた「日々是作文」(文藝春秋)を読み始める。
 エッセイ集で、最初のほうに掲載されている文章はわりと女性向けと思われるものが多かったので、すぐに読む気が起きず、ほっておいたのだ。手にとって本のちょうど真ん中ぐらいのページにある「お返事ください」「いやなものはいや」あたりを読むと、骨のある文章が多くて、全編読む気になった。ちょうど山本さんが自分と同じ年齢のころに書いている文章だから興味があるということもあるかもしれない。
 一日も早い回復をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

困りごと

 ワタクシのことをよくご存知の方はすでに知っていると思うのだが(ってほとんどトートロジーだな)、私は頭がデカイ。顔もでかい。今は極力歩いて通勤するように勤めている。このところの日差しは朝8時前でも強烈。だから帽子を買おうと思う。実をいうとこの7年ぐらいずっと帽子を買おうと思いつつ、夏を過ごしている。
 帽子をよくかぶる人は知っていると思うのだが、男性用の帽子の標準サイズは58センチ。たまには57.5センチというのもある。「フリーサイズ」という表記のもののあるが、それも実際は58センチのものと同じ規格。ごくまれに57.5センチより小さいサイズのものは見かけるが、58センチより大きなものは一般的な百貨店やデパートの帽子売り場では見たことがない。
 いわゆる帽子専門店は、お年寄り、もしくは野球少年しか立ち入りづらい雰囲気があって、飛び込む勇気がわかなかった。
 今朝、頭囲をはかってみた。60センチだった。標準サイズとはたった2センチの違い。
 たった2センチなのに、今日も直射日光をデカイ頭に浴びながら出勤するのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研修のプログラム

ニカイドウは3泊4日も研修に行って、いったい何してきたのか、ただ呑み歩いてきただけじゃあないのか(そのとおりですが)という疑問にこたえて、研修プログラムを記しておきます。
所属名なしで職名と名前が書いてある方は、厚生労働省の方です。
ちなみに名前のあとの☆の数は、講義内容の満足度の評価。☆5つが最高。

1日目(7月6日13時スタート)
「生活保護の現状と課題」
 保護課長 岡田 太造 ☆☆

「トライアル雇用について」
 雇用開発課 課長補佐 宮川 秀明☆☆☆

「望まれるCW像」
 広島市社会局地域福祉課 課長補佐 林 義雄☆☆☆☆☆

2日目
「訴訟審査請求の事案から見た生活保護運営上の問題点」
 保護課長補佐 川久保 重之☆☆☆

「年金制度について」
社会保険庁年金保険課課長補佐 城戸 亮☆
ワーストだったなあ。この人。

「指導監査結果から見た生活保護の状況」
指導監査室 室長補佐 白川 忠夫☆☆

「精神障害者の地域生活支援と生活保護制度」
社会福祉法人 桑友 理事長 武田牧子☆☆☆


「就労支援の実際」
横浜市生活福祉部保護課保護係長 巻口 徹☆☆☆☆☆


3日目
「意見交換会」
所属グループのテーマ
「処遇上の問題を有する世帯・要援護世帯に対する指導援助について」


4日目
「意見交換会のまとめ」(代表者発表)
「意見交換会の講評」誰がしたのか忘れたけど、☆
この意見交換会の講評というのも謎だなあ

「現代における貧困問題のとらえ方」
日本女子大学人間社会学部 教授 岩田正美☆☆☆
7月9日12時10分ごろ終了

こんな感じの4日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グループ討議

今日は一日中20人ほどのグループに分かれてのディスカッションでした。日本全国の生保ワーカーが同じようなことで悩んでいたり、地域によってかなりの差異があったり。(北海道や東北の冬季加算がかなりの額になることにびっくり。)なかなか楽しい経験でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

研修

やはり現場を経験してる人の話はよかった。深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活保護担当ケースワーカー全国研修会

 厚生労働省主催の「生活保護担当ケースワーカー全国研修会」が明日から3泊4日で東京の浅草ビューホテルで開かれまして、ワタクシも生活保護担当ケースワーカーのはしくれとして参加させていただくことになりました。(というより、他の人が手を上げる前に行きたいと叫んで有無を言わせず行かせてもらうことにしました。職場の同僚のみなさますいません。)全国から500人もの生保ワーカーが集まるらしいです。三重県からは8人。
 明日から元気があれば毎日の研修の様子や雑感などをアップしたいと思います。
 どうせお前は夜は連日のみ歩くのだろうと思われているでしょうが、そのとおりです。呑み疲れていたらアップしないのでご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »