« 極端は苦手 | トップページ | 油断大敵 »

社会福祉法 第16条

(所員の定数)第16条 所員の定数は、条例で定める。ただし、現業を行う所員の数は、各事務所につき、それぞれ次の各号に掲げる数を標準として定めるものとする。
1.都道府県の設置する事務所にあつては、生活保護法の適用を受ける被保護世帯(以下「被保護世帯」という。)の数が390以下であるときは、6とし、被保護世帯の数が65を増すごとに、これに1を加えた数
2.市の設置する事務所にあつては、被保護世帯の数が240以下であるときは、3とし、被保護世帯数が80を増すごとに、これに1を加えた数
3.町村の設置する事務所にあつては、被保護世帯の数が160以下であるときは、2とし、被保護世帯数が80を増すごとに、これに1を加えた数

社会福祉法第16条は以上のように定めている。
福祉事務所長がこれを知っているのはあたりまえのことで、常識以前のことと考える。
しかし、自分の職場ではそうではない。
そういう職場で働く自分はかなりしんどいし、自分以外の職員もしんどい。
何よりもそういう福祉事務所長がいる自治体の住民は損してると思う。

|

« 極端は苦手 | トップページ | 油断大敵 »

ソーシャルワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18112/745724

この記事へのトラックバック一覧です: 社会福祉法 第16条:

« 極端は苦手 | トップページ | 油断大敵 »